さてアパレルの将来は?大予言してみた!その1


アパレルメーカー ピーアイのブランド、フラムクリップのスミさんが『アパレルってもう終わりなの?』という、絶妙なタイトル(笑)のブログを書かれています。

そのタイトルに刺激されて、アパレルの将来をどう生き残るのか?

大胆にも予想してみました。

 

アパレル業界と言っても大きく2つに別れます。

元々商品企画・製造を行っていたメーカー系。ワールドやオンワードやイトキンなどがコレにあたります。

元々小売業だった小売系。ビームス、シップス、UAなどのセレクトショップがコレですね。

それぞれがブランドや直営店舗を持っている場合が多い。

 

そしてメーカー系の中には小売機能や直営店舗を持たない、卸やOEMを中心に業務している会社もあります。(スミさんの居るピーアイはこれに該当しますね)

あるいはインポートの商品やブランドを取り扱う商社のような会社もあります。

そんな業界の中で、売上が比較的好調なのは、次の4つではないでしょうか?

①大資本を活用して、圧倒的にバリューのある価格でモノを作り、販売している企業。

②他にはない独自性のある商品を作り続けて、ニッチながらも根強い支持を得ている企業。

③《小売機能や直営店舗を持たないメーカーの場合》徹底的にリテールサポート(卸売業者が小売業者に対して行う支援活動のこと)を行っている企業。具体的に言えばVMDや販促の支援・指導、ソーシャルメディアの活用の支援・指導を行い、取引先の利益に貢献しているところですね。

④モノを作ったり、仕入れたり、販売したりすることだけでなく、圧倒的な発信力のある企業。

そして、このどれにも当てはまらない企業は、『本当にもう終わりかも?』しれませんね。

IMG_3025

ピーアイで行われたエクスマ塾生限定セミナーにて。藤村正宏先生と奥ノ谷さん(短パン社長)

 

①には大資本が必要。誰にでも真似できることではない。

②には圧倒的なクリエイティブと技術が必要。企画開発に時間が掛かるし、既に先人の居る分野では難しい。

③にはマーケティングの知識と経験、専門技術が必要。スミさんのいるピーアイという会社では奥ノ谷さん(短パン社長)自ら取引先にセミナーを開催している。そして取引先だけでなくアパレル全体、いや今やすべての業界を対象にマーケティングを中心とした支援・指導を行っています!というかアパレルの社長なのに芸能人だしぃ・・・(笑)⇒短パン社長のブログ

そして④。コレは努力と根気があれば可能!

ということで、注目すべきは④の圧倒的な発信力のある企業ですね!

 

発信力というのは、モノを売らんが為の発信ではありません。

コンシューマー(一般消費者)へライフスタイルの参考になる情報、共感される情報、役立ち情報などを発信することです。

そして従来の一方通行ではなく、今はソーシャル(双方向)で交流出来るような発信をしていくことが大切ですね。

では実際にどんなアクションが有効なのでしょうか???

 

それはまた次回、書いてみますね!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP