働く家具は美しい!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!

ミッドセンチュリーの家具たち

ミッド・センチュリーの家具は趣がありますね。

この、エーロ・サーリネンのチューリップ・チェアには、なんか惹かれるものがあります。

チューリップチェア

チューリップ・チェア

品があって、未来っぽさとフェミニンが合わさって、それでいてノスタルジックさも感じます。

最近の使われ方としては、新しい建築や内装のアクセント的な使われ方が多いですね。

でもでも本当に美しい姿は???

やはりふつうに働く姿、実用されている姿、ではないでしょうか?

家具の一番美しい姿

先日泊まった古いホテル。

そのコーヒーショップでは、エーロ・サーリネンの作品達

チューリップ・チェアとチューリップ・テーブルが、現役で極めて実用的に使用されていました。

チューリップチェアとチューリップテーブル

チューリップ・チェアとチューリップ・テーブル

古くからある、とってもふつうのホテルのカフェ

古くからある、とってもふつうのホテルのカフェ

何かの象徴の様な使われ方も多いですが、どうも違和感を感じます。

このように、とってもふつうに、長い間実用的に使われ続けている姿が良いですね!

やはり家具は、実用的に働く姿が美しい・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*