働く家具は美しい!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます!

 

ミッドセンチュリーの家具たち

ミッド・センチュリーの家具は趣がありますね。

この、エーロ・サーリネンのチューリップ・チェアには、なんか惹かれるものがあります。

チューリップチェア

チューリップ・チェア

 

品があって、未来っぽさとフェミニンが合わさって、それでいてノスタルジックさも感じます。

最近の使われ方としては、新しい建築や内装のアクセント的な使われ方が多いですね。

でもでも本当に美しい姿は???

やはりふつうに働く姿、実用されている姿、ではないでしょうか?

 

家具の一番美しい姿

先日泊まった古いホテル。

そのコーヒーショップでは、エーロ・サーリネンの作品達

チューリップ・チェアとチューリップ・テーブルが、現役で極めて実用的に使用されていました。

チューリップチェアとチューリップテーブル

チューリップ・チェアとチューリップ・テーブル

 

古くからある、とってもふつうのホテルのカフェ

古くからある、とってもふつうのホテルのカフェ

 

何かの象徴の様な使われ方も多いですが、どうも違和感を感じます。

このように、とってもふつうに、長い間実用的に使われ続けている姿が良いですね!

やはり家具は、実用的に働く姿が美しい・・・

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*