• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 良い商品という『事実』はない。良い商品という『認識』があるだけ。

良い商品という『事実』はない。良い商品という『認識』があるだけ。

VMDコンサルタントの藤井雅範(ふじいまさのり)です。

我々は思い込みの渦の中に生きている?

【世の中に『事実』はない。『認識』があるだけだ】

これはニーチェの言葉。

酒好きの人には魅力的に感じるアルコールの香りも、お酒が嫌いな人には嫌悪感しか感じられなかったり。

空腹時には魅力的に聞こえるステーキの焼ける音や肉の焦げる匂いも、満腹の時にはまったく魅力が感じられなかったり。

 

そうなんです。

我々は『認識』したり『認識』されたりすることで生きている。

ビジネスも、その商品に価値があると『認識』されると、売れるし活用もされる。

同じ商品でも価値が『認識』されなければ、売れない。

だから、良い商品という『事実』はないのです。

良い商品と『認識』されることで売れていく、ということ。

だから価値を伝え続けなくちゃならないんですよね。

価値がある商品だと『認識』されるように、その伝え方に頭を絞ること。

 

良い商品という『事実』はないんです。

良い商品だと思われるように『認識』されるようにすることがビジネスを成功させる道かもしれません。

なぜ商品をディスプレイするの?

IMG_9842

商品をディスプレイしてみせる。

これもお客様に『認識』していただくためです。

良い商品だと『認識』してもらうためにディスプレイする。

良い商品という『事実』はなく、その価値が伝わる=『認識』されることで売れる。

だからディスプレイするんですね。

 

『誰』に『何を』伝えて『どうしてほしい』のか?

まず、このシナリオを考えること。

だから、その商品をどこにどのように表現するのか?

というプランに移ります。

そのためにはVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)を学ぶことが有効。

 

・・・・・そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*