店舗ディスプレイから商業アートへ|魅せる空間を作ろう!


こんにちは!

藤井雅範です。

先日、六本木の森美術館へ行きました。

塩田千春さんの展覧会『魂がふるえる』を観るために。

吊るすこと・集積すること・糸を張り巡らすこと

ここ10年ほど、吊るす・フッキング&ハンギングという手法をよく目にします。

アートの表現に置いても、商業展示に置いても。

さらには集積するという手法もしかり。

どちらも目にする事が多いです。

 

塩田千春展『魂がふるえる』においても、そう行った表現が基本になっていました。

それを彼女の得意とするアイテムである“糸”を用いて制作されたいる。

そんなアートが堪能できました。

 

天井から吊るす事により、モノは浮いて見えます。そして足元には何もなくなり床という面が広がります。

集積する事でモノはフォルムを変化させます。1つだけのときは感じられた固有のカタチが集積されることで、あたらしいカタチを持つのです。

糸を張り巡らす事は空間を、いや空気を区切ります。壁ではなく糸で。奥行きをぼかし、大きさをぼかし、フォルムをぼかします。

だから、作品たちは、観るものにとってちょっと不思議な感覚を覚えるのです。

吊るすこと、集積すること、糸を張り巡らす事によって、

モノは浮き上がり・あたらしいカタチを持ち・複雑な奥行きをもたらすのです。

螺旋階段で旅に出よう!

僕の一番のお気に入りは、このトランクを使った作品。

集積されたトランクが赤い糸でハンギングされさらに微妙に動いています。

そしてその全体のフォルムは、まるで天国へ続く螺旋階段のよう。

『登っておいでよ』天からそんな声が聞こえてきそうです。

 

正面から観る、下に潜り込んで観る、横から観る、壁に映る影の動きを観る・・・

ほんとに色んな角度から味わえる作品。

時代を超えた前衛アート

2年前、この展覧会開催が決まった翌日に塩田千春はがんの再発を告げられたそうです。
まさにそのときの心の動き、まさに“魂のふるえ”が感じられる作品も発見できました。

 

僕は田中敦子さんとの共通点を感じてしまいます。

(※田中敦子:日本の前衛アート集団 具体美術協会員 詳しくはこちらを御覧ください↓)

新しい素材との出会い|具体美術協会のまとめ記事

 

田中敦子がカラフルな電球を身に纏い『電気服』という作品を仕上げたように

田中敦子《電気服》

 

塩田千春はペンキや泥や輸血のチューブを身に纏った。

 

田中敦子がキャンバスに砂浜に円を描き続けたように

田中敦子《SPRING1966》

 

塩田千春は空間という空間に糸を張り巡らせた。

田中敦子と塩田千春。

50年という時を超え、日本の前衛アートは糸で繋がったような気がしました。

リアル店舗を活用しよう!

塩田千春展『魂がふるえる』において僕が覚えた感動。

それはこれからのリアル店舗でも大切な要素になってくると思います。

お店は、お客さんにワクワクドキドキしてもらえる空間なのです。

機能的にモノを並べているだけの空間には、わざわざ行く理由がない!

見せるから魅せる空間創りへ。店舗ディスプレイから商業アートへ。

妄想し始めると楽しくなってきませんか?

そんなお店にはきっと笑顔のお客さんがいらっしゃいます。

 

塩田千春展『魂がふるえる』
アートが好きな人はもちろん、リアル店舗に携わる人にもヒントがいっぱい!

オススメです!

10月27日まで、六本木ヒルズの森美術館にて

9/13芦屋 9/18東京でVMDセミナーやります!

テーマは『SNSとリアル店舗』

VMDや接客に工夫しているつもりだけど、数字がついてこない。

SNSの投稿も頑張っているんだけど、売上につながらない。

なんだか仕事が楽しくない・・・

そう感じたこと、ありませんか?

 

SNSとリアル店舗。

その本質とテクニックを学ぶことで仕事が楽しくなる!売上がアップする!

そんなセミナー行うことにしました。

ゲスト講師として、人気インスタグラマーの西岡健斗さんにも登壇してもらいます。

9/13 VMDセミナーin芦屋】

日程:
2019
9月13日(金)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
ブックカフェ 三日月と太陽 -Sakliev 2F-

兵庫県 芦屋市西山町1-2 2F

TEL 0797-22-8519

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:97日(金)

芦屋セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

9/18 VMDセミナーin東京】

日程:
2019
9月18日(水)

時間:
セミナー/18時~2030
懇親会/2030分~2230分 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:

野菜が美味しいLONGING HOUSE CAFE 神宮前

https://www.longinghouse.com/no.2/jingu/
東京都渋谷区神宮前4-22-9

TEL 03-6433-5808 

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:15,000

お申し込み・入金期限:911日(金)

東京セミナーお申込みはこちらからどうぞ↓

 

皆さんとお会いできることを楽しみにしています!!!

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP