接客の品格、VMDの品格


こんにちは!

藤井雅範です。

品格が欠ける接客・VMD

ファッションのお店に入るやいなやスタッフが近づいてくる。

『いらっしゃいませ!』

何気なくジャケットを見ると、『ジャケットをお探しですか?』

パンツの棚の前に立っていると『サイズをお探ししますよ!』

畳んであるニットに触れると『お色違いもございます!』

矢継ぎ早の声掛け攻撃。

途端に居心地が悪くなって退散したくなります。

 

せっかく興味を持って入ったお店なのに・・・

こういった声かけ、接客はあまり品が良いとは言えません。

 

商品の見せ方もそうです。

入り口の大きなネストテーブル(ひな壇式のテーブル)にドドンと積み上がられたカラーパンツ。

機能性や価格や『売れています!』などと謳う大きなバナーやPOP

とりあえず売りたい商品でも新しい商品でもお構いなしに突っ込まれ、おまけにカラーの配色やテイストの相性、季節感やムードの調和が全く取れておらず、空間構成やバランス感覚を無視したショーウインドウ。

VMD面でも品格に欠ける例はたくさん見受けられます。

品格のある接客・VMD

お店に入ると『こんにちは』とにっこり微笑んでくれる。

しばらくお店に馴染んだ頃合いに『ステキなデニムですね!ヴィンテージですか?』と自分のファッションに興味を示してくれる。

こういった声かけ、接客は品が良く好感が持てます。

圧倒的な独自性のあるキュレーションで構成されたウインドウ

コンセプチュアルなセレクトでキュレーションされた商品やプロップスでまとめられたショーウインドウ。繊細なバランス感覚による配置やライティング。

他にはない圧倒的な独自性で思わず惹き込まれて見入ってしまう。

こういったVPやディスプレイはテイストが合う人には強い共感を呼びます。

品格があります。

 

圧倒的な資本力を背景に大量生産して、抜きん出た価格の優位性を持っているお店ならば、少々品格がなくてもビジネスは成り立つのかも知れません。

でもそうでないのならば品格を意識されてはいかがでしょうか?ものづくりや仕入れや接客からVMDまで。

共感を呼ぶお店が、ファンを生み出していくのだと思います。

 

さて、あなたのお店・ブランドは、どちらですか?

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP