知らなければもったいない!フィッティングルームの効果


こんにちは!

藤井雅範です。

経営者が理解出来ていないこと

店舗の出店や改装における図面打ち合わせの席でボクが良く提案することがあります。

が、結局形にならない事が多いアイディア。

なんだと思いますか?

それは実に『フィッティングルーム』です。

 

ある程度面積の多い店の場合、「フィッティングルームを大きくとったり、フィッティングルームの前に前室を作ったりしてみては?」という提案をします。

あるいは、面積が小さければフィッティングルーム内にも演出を施したり、使用するインテリアも上質なものに変更することを提案します。

いずれもアイディアの段階では、賛同してもらえます。

しかし最終VE(バリューエンジニアリング)の段階でコスト削減のためボツになることが多い。

 

結局経営者、或いは事業責任者の方が本気で『フィッティングルーム』に投資しようと思っていないからだと思います。

もちろんボクの伝え方がまだ未熟なこともあるでしょう。

疎かにできない『フィッティングルーム』

では、なぜフィッティングルームが大切なのでしょう?

それはお客さまが一人冷静になる場所だからです。

「ちょっと派手すぎるかな?」

「私には贅沢なんじゃないかな?」

「今買わなくても良いかな?」

そんなふうに冷めてしまいやすい場所でもあるのです。

 

だからフィッティングルームにいるときもお店の中で接客を受けているときと同じ様に、良い気分でいてもらうことが大切になってきます。

・前室を設ける

フィッティングルームは一人で入りますが、スタッフやお友達も入れる前室を作るのです。着替えてすぐに一緒に確認できる。着替え中もお話をしていられる。

・スペースを広く+演出

椅子が置いてあったり、フレグランスを使用したり、フレーム(額装)のディスプレイがたくさんあったり、床や壁の素材が上質だったり。ちょっとしたお部屋のような感覚を演出するのです。

・照明に気を使う

フィッティングルーム内では、あまり明るすぎる必要はありません。特に蛍光色の光は緊張感を感じさせます。居心地が悪いのです。前室をやや明るめにして色味の確認ができるようにしてみましょう。

・クレンリネス

フィッティングルーム内が汚れていると、店舗全体や商品のイメージまで悪く感じてしまいます。

靴を脱いで上がる場所なので、カーペットやマットのお手入れもマメに行いましょう。

人は潜在意識で居心地の良さを感じる

人間は潜在意識で居心地の良さを感じ取るものです。

そのためにはフィッティングルームの持つ影響力は大きい。

 

ただ、潜在意識で居心地位の良さを感じるということに理解を示したり、そこに投資したりする経営者が少ないのです。

『フィッティングが狭くても商品を沢山展開できたほうが坪効率がええやん!』とおっしゃる方が多い。

ロジカルに伝えられるとすぐに興味を示す人は多いですが(笑)

 

フィッティングルームと同じような効果は『トイレ』にも当てはまります。

トイレ設備を設けているお店は、そこを居心地良くすることにもチャレンジしてみてくださいね!

 

VMDセミナーを開催します!

11月22日(木)札幌

11月30日(金)芦屋

12月5日(水)東京

12月11日(火)福岡

12月14日(金)仙台

いつも参加してくれている皆さんはもちろん、まだセミナーに参加されたことのない方もこの機会をご利用くださいね。お会いできるのを楽しみにしています!
詳しくはこちらから↓

DVD発売特典その3

おかげさまで好評を頂いているVMDセミナーのDVD。

セミナーへの割引参加特典の期間は終了しました。

「今回のセミナーは日程が合わなかった!」「私の住んでるエリアではセミナーは開催されませんか?」

というお声をいただきました。そこで新しい特典を用意しました。

限定特典:『あなたの街で出張コンサルティング!』

2019年1月31日までにDVDをお申し込みいただいた方限定での特典です!

藤井雅範があなたの街へ出かけます。その場で出張コンサルティングを行います。

しかも無料!(もちろん交通費も)

ちなみに通常のスポットコンサルティングは1時間5万円(税及び交通費別)

 

店舗のワンポイントアドバイス、ディスプレイテクニック、売上分解によるご相談

SNSやブログの活用、社員の皆様へのセミナー、展示会や店舗の出店改装の相談

ブランディングやディスプレイツールの相談まで。

一時間を目安に対応いたしますよ。(実施日時は要相談)

 

経営者の皆さん、事前にスタッフの皆さんにDVDを観てもらった後に、無料コンサルを受けられると実行力が増します。DVDなので復習も何度でも可能です。

この機会をご活用いただき、売上アップへとつなげてくださいね!

DVDのお申込みはこちらから↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

PAGE TOP