価値を伝えることで売上を上げる方法、それがVMDなんだ

公開日: VMD, マーケティング


こんにちは!

藤井雅範です。

 

アパレルメーカー、コンサル会社、販促ツール会社、デベロッパー、デザイナー、学校関係者、イヴェントプラン会社、小売店経営者などなど、いろんな方とお話ししたり、メールでやり取りする機会があります。

VMDに関して、とても理解されているいるなぁと思える部分もあれば、全く理解されていないなぁと思える部分もあります。

そのたびに「ボクももっともっとこのブログで発信しなきゃ」そう思わされることが多いです。

でも時々書けない日もつづいたり・・・

はいっ、もっと頑張ってなるべく毎日書いていきますね(笑)

なんのためにVMDはあるの?

ボクはVMDのコンサルタントをしています。

そもそもVMDとはなんのためにあるのでしょうか?

 

それは「売上をアップさせるため」ですよね?

ではなぜ「売上がアップしない」のでしょうか?

 

「良い商品があれば売れる」本当にそうであれば、VMDなんて必要ないはず。

でも実際は「いくら良い商品でもそれだけでは売れない」のです。

その商品の価値がお客様に伝わって、初めて売上になる。

だから、価値を伝えることで売上を上げる方法がVMD、なんですね。

 

いまだに、「綺麗にディスプレイする方法」とか「カッコよく陳列する方法」がVMDだと思っている人が多いです。

ファッション業界や、マーケティングやコンサルタントを生業にしている人の中でさえそう思われています。

 

たしかに「綺麗にディスプレイするテクニック」や「カッコよく見せるテクニック」はあったほうが良い。

「流行りの見せ方」も知っているに越したことはありません。

でもそれだけで売上はアップしますか?

そうじゃないから、苦労しているのではありませんか?

 

「教科書通り、マニュアル通り、本部の発信どおりに店頭を構成しているのに売上は上がらない・・・」

それが現実ではないでしょうか?

自らの価値を知りましょう

ノウハウやテクニックはカンタンに真似することも出来るし、そんな情報もカンタンに手に入ります。

そんなノウハウやテクニックや情報が活かされるために大切なことはなんでしょう?

 

それはあなたが提供したいモノ、サービス、ライフスタイルを理解すること。

それを理解していなければ、どんな「綺麗にディスプレイするテクニック」や「カッコよく見せるテクニック」や「流行りの見せ方」だけを真似ても売上は上がりません。

あなたが提供したいモノ、サービス、ライフスタイルのの価値を『伝わるように伝えること』が大切なんです。

 

そしてそれを可能にするのが『VMD』です。

だから、まず自ら提供するモノ、サービス、ライフスタイルを知りましょう。

『誰に・何を・どのように』伝えるのか?

自ら提供するモノ、サービス、ライフスタイルを

『誰に?』

『どのように』伝えるのか?

これを細かく、具体的にプランしていくことです。

 

つけ刃のノウハウやテクニックや情報を真似ていては、いつまでたっても報われない。

苦労は多いばかりで、なかなか成果は出ない。

 

そろそろそれに気づきましょうね。

そういうことです。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP