• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • えっ、価値の伝わり方って備品の使い方ひとつで変わるの???

えっ、価値の伝わり方って備品の使い方ひとつで変わるの???

一貫性のあるお店が伝わるお店なのです。

商品は商品、備品は備品、内装は内装、販売は販売・・・

それぞれが一流であったとしても、バラバラでは伝わりにくくなります。

商品を見せる備品

たとえば商品を見せるときの備品。

商品を起こして見せる為の道具(ライザーと呼びます)やプライスを記入したカード。

一般的には専用のものがあります。

ライザーならアクリル製。

プライスカードは紙、と言った具合。

安いし、手軽だし、簡単に使える。

より価値を高く伝える備品使い

ただ、例えばもしあなたが扱っている商品がレザーで、お店がレザー専門店だとしたら???

ライザーもレザーで作ってみたり。

プライスカードはレザーにスタンプしてみたり。

そうするとその商品がより良く見え始めます。

素材感が伝わったり、クオリティが高く感じたり。

レザーのショルダーバッグなどは、レザーを貼ったトルソー(洋服を着せるボディ)に斜めにかけてディスプレイしたり。

ちょっとした工夫で商品の価値を高く伝えることが可能ですよね。

さて、あなたのお店ではどんな工夫ができますか?

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*