• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 流行りのビジネスを始める前に|ビジネスの本質

流行りのビジネスを始める前に|ビジネスの本質

流行りのビジネス、ターゲットの広いビジネス、本当にやりたいの?

139283042_org-1

 

海外からの旅行者が増えたから外国人旅行社向けのビジネスを!

高齢者が増えたから高齢者向けのビジネスを!

そんなふうに考えることは悪いことではないでしょう。

たしかにターゲットのパイは大きい。

 

でもね、その前に・・・

あなたが提供するビジネスが本当にあなたのやりたいことなのか?

本当にあなただから提供できるビジネスなのか?

本当にお客様の不便不満不自由を解決できるものなのか?

ということを考えてみましょう。

 

流行りに乗っかって行うビジネスは、ドンドン真似されます。

もっと良いクオリティで、もっと早いスピードで。

そうなると価格競争に陥ることもあります。

結局は誰の幸せにもならなかったりね・・・

 

海外からの旅行者が増えたので外国人旅行社向けのビジネスをやる場合!

コレをするのならば、それに対して自分にしか出来ないことはなんだろう?自分が得意なことはなんだろう?本当にそれがやりたいのか?それが海外からの旅行者の役に立つのか?

 

高齢者が増えたので高齢者向けのビジネスをやる場合!

高齢者の困っていることはなんだろう?自分が高齢者だったらどうしてほしいだろう?本当に高齢者の役に立つことで喜びを感じられるのだろうか?

 

そんなことを真剣に考えましょう。

単純にターゲットが広そうだから、ブームだから、はやりだから、需要がありそうだから・・・

そんな気持ちだけで始めたビジネスは絶対にうまく行きません。

そこにあなたならではの独自性が出せる。

あなたが好きなこと、喜びを感じることとリンクできる。

こういうビジネスはうまくいきます。

仕事とプライベートを区別する必要もなくなる。

誰かのために頑張れたり、継続することが苦にならないから。

 

環境の変化や流行に乗って、儲かりそうだからビジネスをするのか?

自分の好きなこと、得意なこと、やりたいことを起点に誰かの役に立つビジネスをするのか?

同じビジネスでも、意味がぜんぜん違う。

もしあなたが“楽しい仕事”、“やりがいのある仕事”に携わって人生を送りたいのならば、後者を選びましょう。

それがブレないビジネスを行うコツだと思います。

 

友達やクライアント、異業種の勉強仲間と話していても最近特に感じることです。

でもね、実はこれは最近ボク自身が仕事をしていて実感したことなのです・・・

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

*