簡単にできる!愛車のカスタム

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

今日のお話にはVMDはまったく関係ありません。

いつもの愛車をカスタムしよう!というお話し(笑)

それもカンタン手軽に、他車とは違う車に変身させる方法です。

 

その方法とは、『ステッカー』です。

『ステッカー』を貼るだけなので、カンタンでしょ?

でもただ貼るだけなら、センスの良し悪しで出来上がりが心配なのでコツを紹介します。

ビフォア

ビフォア

アフター

アフター

テーマを決める!

ステッカーのカテゴリーを絞り込むことでまとまり感が出てきます。

ここはとっても重要!

あなた自身が好きなカテゴリーのものを選びましょう。

“ファッションブランド”とか“工具ブランド”とか“車のパーツのブランド”とかね

ボクの場合はサーフボードのブランドにしました。

それもクラッシックなスタイルのロングボードブランドばかりに絞りました。

 

仮貼りをする

貼る位置をバランスを見ながら決めます。

特に決まりはありません。

ボクの場合は、こんな感じでバランスを決めます。

右下と左下に固めて貼る。上の中央部を加えて3箇所に貼ってもOK。左右では分量を大小と変えたほうがバランスが良くなります。対角線に貼り分けてもOK。ボクは左下と右上の対角線に貼りました。

右側と左側でカラーを分ける。この場合は右側が寒色系、左側が暖色系。

基本は平行に貼り、一部アクセントで斜めに貼る。マスキングテープを使うと便利です。

IMG_1768

マスキングテープを使うと便利

 

本貼りをする

IMG_1850

裏紙を一部はがして、まずその一部から貼る

裏紙を全て剥がして貼ると失敗しやすいです。

空気が入って気泡ができたり、しわができたりします。

仮貼りした状態から、端っこの裏紙を一部剥がしてまず貼る。

そこから右手で裏紙を、左手でステッカーの表面をこするように抑えながら貼り込みます。

もし、気泡ができたらヘラで端へ寄せて空気を抜きます。

ヘラできつくこすりつけると、ステッカーの印刷が剥がれるので注意!

ボクも失敗しました!(笑)

どうしても気泡の空気が抜けない場合は、鍼などで穴を開けて空気を抜くようにします。

右側は寒色系

右側は寒色系

左側は暖色系

左側は暖色系

 

ステッカーはカンタンにイメージを変えられる方法。

誰でもすぐに出来るだけに、センスも出やすい。

納得がいくまで仮貼りの状態で試してみてください。

 

さぁこれで愛車が、あなただけのオリジナルの一台へ。

やってみてくださいね〜!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*