もう話したくない・・・

こんにちは!

藤井雅範です。

『I Don’t Want to Talk About It』

Justasurferdude / Pixabay

ロッド・スチュワートのアルバムに『アトランティック・クロッシング』というのがある。

そのなかで『もう話したくない(I Don’t Want to Talk About It)』という曲が好きで良く聞いていた。

 

それについてはもう話したくないんだ。

 どんなふうに君が、ボクのハートをボロボロに打ち砕いたのか・・・

 

という、女の子に振られたちょっと情けない歌詞のようです。

 

高校に入った頃。

ボクは『もう話すのをやめよう』、そう思ったことがある。

どうしてそう思ったのかというと、ボクが口に出す言葉で人を傷つけたと自覚したことがあったから。

自分ではそんなつもりではなくても、つい軽く口走った言葉が人を傷つけた。

だからもう話すのをやめようと思った。

 

友達と一緒には居るし、笑ったり遊んだりはしても言葉数を極端に減らしてみた。

家族に対しても同じ様に口を閉ざした。

するとしばらくそれまでボクをからかっていたり、冷やかしていた連中までもが気を遣ってくれ始めた。

『どうした?』『大丈夫か?』『何かあったの?』

つい調子に乗って口数を減らしたままで過ごしてみた。

結果を言うと、不要な軽口は減った代わりに、本当に言わなければならないことまで言えない自分になっていた。

『ありがとう』も『ごめんなさい』も『好きです』も『楽しいね』も。

 

よく考えてみるとそれまでのボクは、自分勝手で頑固で短気で無神経であまのじゃくで、随分とあさはかな人間だった。(今も大して変わっていない)

だから深く考えもせずに言葉を選ばずに口に出していた。

本当はそこに気がつくべきなのに、『言葉数を減らす』という外見の行動を選択したばかりに『気持ちを伝える』という、とっても素晴らしいことまで放棄してしまったのだ。

 

結局長い時間をかけて、今では普通に喋るし、軽口も叩く。

もとに戻っただけかもしれない。

ボクがあの時にとった行動。“無口でいる”ということは結局『人を傷つけない=自分を傷つけない』ため。保身のためだった。

それに払った代償は大きかったかもしれない。

 

ボクが、『ありがとう』も『好きです』も『楽しいね』もうまく口にできなかった時代にも優しく接してくれた皆さん。あの時は『ごめんなさい』

 

おかげさまで今があります。

ありがとうございます。

 

Atlantic Crossing

ロッド・スチュワートの『アトランティック・クロッシング

大好きなアルバムです。

 

特にこの『もう話したくない(I Don’t Want to Talk About It)』『It’s Not the Spotlight』『This Old Heart of Mine』と連続する3曲が良い。

ロッドの、あのしゃがれた声のが楽曲の魅力を引き出してくれています。

Atlantic Crossing

Amazon Primeでも聞くことが出来ますよ!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*