読んでもらえるPOPのコツ:その3

こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

前々回のブログ

前回のブログ

と、読んでもらえるPOPのコツについて書きました。

いよいよ今日は3回目です。

 

前々回からお伝えしているように、POPの目的は“お客様に行動を起こしてもらう”こと。

今日ご紹介する事例もまさにそうです。

“気づき”を与えて行動に移していただく

靴屋さんの店頭。

あったかそうなブーツが並んでいます。

右のブラックボードに注目。

『BOOT 準備OK?14日ごろから寒くなるけぇーね!』

というキャッチコピーの下には

『府中町週間天気』

と書かれています。

(このお店は広島の府中にあるショッピングモールにあります。)

それまでは17℃ほどあった最高気温、14日には一桁へ。

そして最低気温は0℃。

ホント急に寒くなるのがよく伝わってきます。

 

「えっ、こんなに急に冷え込むの?」という気づきを与えてくれます。

そうすると寒さ対策が気になります。

ファッションでいうとスタイリングの見直しを考え始めますよね。

そう、このPOPからお客さんは気づきを得て行動を起こし始めるということ。

 

モコモコしてあったかそうなブーツ。

「まだ早いかなあ?」から、急激に身近な存在に感じ始めるのです。

そしてPOPの文面に広島弁が使われているところも、身近に感じさせてくれるポイントですね!

 

まとめ

いかがでしたか?

3回にわたってお伝えした『読んでもらえるPOPのコツ』

  • 思わず選んでしまう
  • ターゲットに呼びかける
  • 気づきを与える

売り手が伝えたい商品名や商品特性よりも、通る人が行動を起こしたくなるキャッチコピーを書いてくださいね!

 

名古屋エリアの方へ、限定企画のお知らせです!

来る9月15日木曜日、仕事で名古屋へ行きます。

時間があるのでその間スポットコンサルティングを行いたいなぁ、と思います。

入店客数や購買率に課題がある方、ディスプレイや商品レイアウトに悩まれている皆さん。

皆さんのお店に伺ってその場で店舗課題を伺い、実践指導させていただきますよ。

1時間:2万円(消費税及び交通費込み)

2時間:3万円(消費税及び交通費込み)

いずれも9月15日だけの限定企画です。

名古屋近郊及び岐阜エリアの方、お気軽にお問い合わせくださいね!

*この記事にコメントいただければ対応させていただきます。

 

IOFT(国際メガネ展)登壇します!

ここ数年、中止や規模の縮小を余儀なくされていた展示会。
ようやく従来の規模感で開催される様になってきましたね。
10月18日〜20日まで東京ビッグサイトで開催されるIOFT(国際メガネ展)
僕も1年ぶりにセミナーに登壇させていただくことになりました。(僕のセミナーは10月20日です)
このIOFTは東京ビッグサイトにてファッションワールド東京と同時開催です。(入場券は別途必要)
ファッションワールド東京をチェックしてIOFTで僕のセミナーを聴く、というコースもオススメですよ。
“リアル店舗だからできる「商品体験」とは?「店舗体験」とは?「コミュニケーション」とは?「あのお店で買いたい」「あの人から買いたい」お客様にそう言って貰えるためのヒント”を、このセミナーで掴んでくださいね!
(セミナー参加費早期割引適用中:2022/10/05まで)
IOFT入場券はこちらから↓

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA