入店率アップの事例 そのⅡ

After

以前、
入店率がアップした事例
を書きました。

今回はまた別の店舗での事例です。

大型の
ショッピングモールの中の店舗。

80坪強の
ファサード間口の広いお店です。

売上金額、購買客数共に
前年を下回る推移をしていました。

そこでお客様の動きの
簡易調査を行いました。

手順は以下の通りです。

 


 

まず店前の通行客数と
入り口別の入店数を計ります。

同時に、店内各什器別に
お客様がタッチされた数を
記録しました。

その数値を基に
VP、IP、PP の変更プランを
立案、実施します。

そして、再調査をかけて
検証してゆく、という流れです。

  • 最初の調査でわかったこと
  1. レジ前の開口部からの
    入店が少ない。
  2. ファサード近くの
    バッグコーナーの
    タッチが少ない。
  3. VPコーナーの
    見えがかりが良くない

そこで、 VP、IP、PP
このように変更しました。

Before

Before

 

After

After

マネキンによるVPを中央部へ移動しラックと連動させる。
ウインド部分はラックとトルソーでの展開とし、お客様が触りながら入店できるように変更。

 

Before

Before

 

After

After

視認性を阻害する
バッグツリーを撤去。
バッグコーナーから
アパレルコーナーへ変更。

 

Before

Before

 

After

After

VPコーナーの見えがかりを変更。
マネキンを再構成
関連商品をラックで展開

 

結果

  • ①部分からの入店構成比が
    17.3%→27%へ大きくアップ
    このコーナーのタッチ率も
    1.2%→4.8%へアップ
  • ②のコーナーのタッチ率が
    1.9%→3.0%へアップ

そして、店全体の入店率が
30.1%→40.1%へ
とっても大きくアップしました。

————————————————-

 

  1. 入り易く、触り易い構成
    魅力的に見える演出
  2. 視認性阻害の排除と
    最適MD配置
  3. VP魅力の向上

以上の工夫で、店舗環境を整えましょう!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*