ジャンクなアンティークたち


『カリフォルニア・ガールズ』
素敵な女の子がみんな
カリフォルニア・ガールならね…

古いものを見ていると
イマジネーションが広がる。

以前の持ち主の暮らしぶり
などを想像しだすと
結構妄想が始まったりします。

どんな思いでこれを買ったのだろう?

どんなシーンでこれを使ったんだろう?

ジャンクなアンティークに
惹かれるのは
きっとそんな理由が
あるからかな・・・


20130630-1

女の子を初めて家に呼んだ時に、このワゴンにワインと料理をのせて運んで、サーブしたんだろうか?とかね・・・

きっと寂れた下町のバーに飾ってあって、どうしようもなく退屈なときにぼんやり眺められていたのかな? これに入っているヒビは、客同士がけんかしたときに誰かが投げたコインがあたって出来たのかな?とか・・・

きっと寂れた下町のバーに飾ってあって、どうしようもなく退屈なときにぼんやり眺められていたのかな?
これに入っているヒビは、客同士がけんかしたときに誰かが投げたコインがあたって出来たのかな?とか・・・

新しい製品は
こんな思いを
決して感じさせては
くれませんよね・・・

古いものに価値がある
というのは
ちゃんと理由があるんです。

でも価値が伝わらなければ
ただの中古品・・・

それを買う人に
きちんと価値を伝えられれば
新しいものよりも
数倍値段が高く売ることが
出来るんです。

そのお客様は
そのものの機能性を買うのではなく
その商品のストーリー
以前の持ち主の思い
を買うのですね・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*