何故、今VMDが大切なのか?

今、私たちの周りは
とてもたくさんの情報で
あふれかえっています。

一つのものを買うというだけでも
選択肢が沢山ありすぎて
選ぶのが大変です。

ファッションを買うときも
昔ならわざわざ大きな街に
出かけていって
百貨店または
専門店で購入していましたね。

今はどうでしょう。

すぐ近くに
大型ショッピングセンターが
あります。

家に居ながらでも
通販やウェヴと
購買の形態も様々あります。

同じブランド、ショッップから
購入する場合も、オンライン
オフラインを選べるように
なってきていますね・・・

かたや
“ファッションを購買する人口”は
どうなっているでしょう?

ターゲットとなる人口は
減少し続けています。

確実に
少子高齢化が進んでいますね・・・

 


 

私たちが扱っている
“ファッション”

これは必ずしも生きていく上で
必要なものではありません。

なので、お米やガソリンを
買うのとは訳が違います。

私たちが扱っている
“ファッション”においては
お客様がお店に来る前から
明確に買うものを決めていて
さっさとそれだけを買って
お帰りになる
こういった購買をなさる方は
ほとんどいらっしゃいません。

何となくご来店されて
商品を見ているうちに
あっ自分はこれが欲しいんだって
気づいて買われることが多い
ということです。

良い意味での衝動買い
をしていただくことが
出来るのです。

皆さんも、今日は何となく
ブラウスを見てみようかなって
お店を覗いて
いろいろ見ているうちに
結局ワンピースを買ってしまった
っていうようなことは
良くありますよね?

更にそれまでは
全然興味のなかったアクセサリーを
ディスプレイや
スタッフのおすすめを参考に
つい買ってしまったって
いうことも・・・

お客様は、お店に来る前から
明確に自分が欲しいものが
決まっている方ばかりでは
ないのです。

だからそのお手伝いが必要です。

それには店頭での表現が大切です。

お店に入って、商品に触れて
自分の隠された欲求に
気づいていただくのです。

 

お客様に、これを買うと
こんなスタイリングになり
お友達にほめられたり
時にはボーイフレンドを
ドキドキさせたり・・・

こんなレストランや
あんなリゾートに
出かけたりしている自分の姿を
容易に想像していただくこと。

一点の商品からライフスタイルまで
イメージを広げていただく
商品の価値を最大限広げて
ご提案することです。

これが
ファッション販売の神髄であり
VMDの神髄でもあるのでは
ないでしょうか?

一点の商品からライフシーンを
想像していただくのに
応対の場合は基本的に
一人のお客様に時間をかけて
スタイリングを説明しながら
理解していただくことになります。

しかし、VMDでは
一度にたくさんの人に
瞬時にライフシーンを
伝えることも可能です。

 

20130628-1

20130628-2

20130628-3

20130628-4

20130628-5

 

VPで店前を通る人を惹き付け
PPで売り場へ誘導し
IPで選択していただく・・・

商品の価値をわかり易く
お客様に伝える、表現することで
売上を上積みすることが
出来るのです。

 

 


 

だから今、VMDが必要なんです。

VMDを活用することです・・・

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*