違う業種を掛け合わせて、選ばれるお店にしよう!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

お洋服屋さんらしいお洋服屋さん。

帽子屋さんらしい帽子屋さん。

バッグ屋さんらしいバッグ屋さん。

靴屋さんらしい靴屋さん・・・・・

お店のインテリアデザインやディスプレイの見せ方は、一般的に何屋さんなのか?わかるようになっています。

思わず食べたくなるアクセサリー?

今日見かけたお店はこんな感じ。

ファッションビルの1F。

お菓子屋さんが入っているのかな?と思ったら・・・

外観はお菓子屋さん

外観はお菓子屋さん

冷蔵ケースの様なショーケース

冷蔵ケースの様なショーケース

食べたくなる様な(笑)ディスプレイ

食べたくなる様な(笑)ディスプレイ

 

アクセサリー屋さんなのに、まるでお菓子屋さんの様な内装のデザイン、ディスプレイの仕方・・・

もちろん、商品自体もお菓子にちなんだものも多いのですが、一般的なものもある。

一般的なアクセサリー屋さんではない、圧倒的なインパクトがあります。

違う業種を掛け合わせてみよう!

古い酒場の様なメンズショップ。

まるで高級ジュエリーショップの様なポップコーン屋さん。

ベーシックなデザインできれいなカラーの揃ったニットを、果物屋さんのように並べたお店・・・・・

本来の業種に全くの異業種のエッセンスを加えると、とたんに独自性のあるお店になる。

インパクトが出る。

選ばれやすいお見せになる。

 

あなたのお店にはどんな異業種を掛け合わせられますか?

・・・・・そういう事です。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*