需要なんて無い。欲しいと思わせられる見せ方があるだけだ!

公開日: VMD, マーケティング


文房具の銀座itoya

東京は銀座にある、文房具の老舗『itoya』

そこの二階ではレターセットや便せん、ハガキ、封筒、ガラスペンやシール(封印)のための道具が揃っています。

更にはオリジナルの切手もある。

ありきたりではないレターグッズがあるだけではなく、実際に手紙を書くためのテーブルとデスクまで備えられて、自由に使える。

おまけに本物のポストまであって、その場で書いてスグに投函できます。

 

こんな環境では、レターグッズを買うためにitoyaに来た人でなくても、手紙を書きたくなってしまったりします。

つまり、レターグッズを提供している売り場ではなく、『手紙を送るという行為』を提供している空間というわけですね。

これって今のビジネスではとても大切なポイントです。

もともと需要なんて無いところから、見せ方で欲しいと思わせる事ができるのだから・・・

手紙に需要なんて無い

実際に何かを伝えるだけのために手紙という手段が必要な人って、ほとんどいません。

電話やメールやSNSでほとんど事足ります。

単純な消費データに基づいてロジカルに考えれば、“手紙を売る”という行為はビジネスとしては先がない、と捉えることも出来るでしょう。

“インフォメーションとしての、何かを伝えるだけの手紙”これはたしかに需要は少ない。

しかし、いやだからこそ『手紙という名の“思い”や“気持ち”を届けるギフト』という意味に変換してみたら、どうなるでしょうか?

意味を変換してみよう!

フェルメールの『手紙を書く女』・・・wikipediaより

フェルメールの『手紙を書く女』・・・wikipediaより

便箋を選ぶ、ペンを選ぶ、インクを選ぶ、丁寧に書く、封筒を選ぶ、封印の仕方を選ぶ、切手を選ぶ・・・

そういった一連の行為には心がこもります。

『手紙を書く』=『心のギフト、心の交流』というように解釈する。

そんなふうな見せ方、提供方法の工夫をすれば新しいビジネスを創造することが出来ますよね。

 

良く、「今この業界は斜陽だから」「勢いないから」「ダウントレンドだから」といった言われ方をします。

しかし、見せ方や提供方法を工夫すれば新しいビジネスとしての可能性があるかもしれません。

 

あなたが今携わっているお仕事、その意味を変換して考えると、どんなことが出来ますか?

 

・・・・・そういうことです。

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP