ワクワクさせる館|無印良品 銀座 その③


こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

前回、前々回のブログで『無印良品 銀座』に関して書きました↓

ワクワクさせる館|無印良品 銀座 その①

ワクワクさせる館|無印良品 銀座 その②

今日はその3回目です。

ギャラリーの存在

『無印良品 銀座』の6FにはATELIER MUJI という2ヶ所のギャラリースペースがあります。

その一つでは“長く生きる DNAを繋ぐ50脚の椅子展”という展示。

我々にも馴染み深い、椅子の名作がずらっとっと並ぶ姿は印象的なシルエット。

ウッドの椅子もあればスティールの椅子もあるのに、なぜか統一感がある!

なぜかと思ったらすべてが“曲げ加工”の椅子たちだから。

曲げ木の名作トーネット社のNo.14、スティールではマルセル・ブロイヤーやマルト・スタムのカンティレバーチェアなど、曲げ加工が使われた椅子ばかりのコレクション。

展示方法はシンプル。

でも“曲げ”のシルエットが伝わってきます。

 

もう一つのギャラリーで行われていたのは“廃業を目指すデザイン展”

再生素材を用いた展示を行っていました。

 

デパートでも上階にギャラリーを設けている店舗は多いです。

しかしはっきり言ってとってつけた展示ばかりのように見受けられます。

そのデパートのMDテーマやコンセプトとは関係のない、どこかのキュレーターさんお仕着せの展示が多いのではないでしょうか?

 

『無印良品 銀座』のギャラリーの展示は、ストンと肚に落ちる感じがしました。

なにより無印良品のコンセプトと合致している!

だから下の売り場から6階に上がって突然ギャラリーが目に入っても、違和感がなく「なるほど!」と感じました。

いつの間にかその発信するカルチャーに共感しているような気分になりました。

以前より無印良品に親しみを感じたことは間違いありません。

 

次回は『無印良品 銀座』のまとめ記事を書くことにします。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP