小さな幸せを感じるということ

公開日: VMD, リアル店舗


人間には五感というものがあります。

普段、無意識レベルで誰もが感じている。

ただ、この五感を研ぎ澄ますだけで、小さなしあわせの感受性を上げることが出来るとしたら・・・

 

茹でたブロッコリーとミニトマトにマヨネーズを添えただけの、デイリーでシンプルな野菜サラダ。

一口一口を丁寧に味わってみると、思わぬ甘みと出会えたり、口の中で弾ける食感が楽しかったり。

 

毎朝飲んでいるドリップコーヒー。

急いで飲み干すことなく、時間を掛けて香りを楽しんでみる。

気づかなかった複雑な香りを発見したり、鼻腔をくすぐった香りが脳へと伝わるのを感じてみたり。

 

何十年も聞き返しているビートルズのアルバム。

ベースラインだけに耳を澄ましてみる。

ポールの演奏テクニックに、いまさら気づいたりね。

 

毎日見慣れている道端の花。

立ち止まってその花びらに注目してみる。

自然の生むデザインやバランス感覚を発見したり。

 

小石混じりの熱い砂浜を歩く足裏の触感。

赤ん坊のプリプリした肌や、なめらかな犬の毛並みに触れる指先の感覚。

丁寧に触覚を感じてみる。

 

本当に何気ない日常の中で、気づきや発見をする要素は転がっています。

そして上に書いた、味覚嗅覚聴覚視覚触覚という“五感”に、もう一つプラス。

それは心の感覚です。

 

誰かの行動に感じた嬉しかった気持ち。

映画を観てキュンとなったり、小説を読んでジーンときたり。

そんな心の感覚もじっくり味わえると良いですね。

五感プラス心の感覚で、しあわせの感受性はアップさせることが出来る。

 

いや、五感の感受性を研ぎ澄ます結果として心がしあわせを感じる、と言えるのかもしれませんね。

Flickrより

そしてそれはビジネスでも大切なことだと思います。

特にこれからのリアル店舗ではそんな顧客体験に価値が出てくる。

お客さんの味覚嗅覚聴覚視覚触覚に伝わる演出を施すこと。

結果として心にまで響く店舗体験となるように。

そんなお店はわざわざ行きたくなるお店です。

選ばれるお店。

お客さん・リピーター・ファンが集ってくるお店です。

 

まず自分の五感を研ぎ澄まして、小さなしあわせの感受性を上げましょう。

そしてそれをビジネスにも役立ててみてくださいね!

 

今日も読んでくれて、ありがとうございます。

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまでを収録。

スライドテキストがダウンロードできるので、社員研修にもそのまま利用できます!

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP