• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 美味しくなるレシピを提供するのがブティックの仕事!?

美味しくなるレシピを提供するのがブティックの仕事!?

“食料品を買いにスーパーに行くこと”と“洋服を買いにブティックに行くこと”。

この2つは同じ買い物ですが、何が違うんだろう?そんなことをぼんやり考えていると、『あっ、どちらもVMDの効果は同じだよね!』と思ったので、それについて書きます。

食料品を買いにスーパーへ

食料品を買いにスーパーに行くことは日常のこと。

日々の献立を作る上で欠かせない行為であることが多いでしょう。

あらかじめ想定されたレシピに沿ってお買い物をする。

或いは、レシピでは不要でも特売品で安くなっているものを見て、いつもの献立に使えそうだから買う場合もあるでしょう。

しかしいくら特売品で安くなっていると言ったって、普段食べないものや好きな献立に仕上がらないものはまず買わない。

あらかじめ献立を想定したお買い物になっている場合が多い、ということです。

しかしこんな陳列をみたらどうでしょう?

普段あまり食べないパプリカ。

でもこんなふうにカラフルに並べてあるのを見ると、イメージが膨らみます。

「パプリカの4色の彩りでサラダを作ったら子供が喜ぶんじゃないかな?」

そう思って、レシピ外のパプリカを買うかもしれません。

特売にはなっていなくてもね。

あらかじめ想定された献立のお買い物ではない。

見せ方の魅力で衝動買いをしてしまった、ということになります。

 

しかもその先には子どもたちの喜ぶ顔が浮かんでいる。

こんなお買い物は楽しい。

お洋服を買いにブティックへ

お洋服を買う場合はこんなことが多いのではないでしょうか?

献立に沿ってあらかじめ考えてレシピがあったとしても、それ以外のレシピに変わることが普通です。

スカートを買いに行くつもりがワンピースになった、なんてことはよくありますよね。

例えば“デートに来ていく服”という献立があり、そのためのレシピが“スカートにニットを合わすこと”だったとします。

でもより女らしく見えるワンピースと出会えば、レシピは変えても献立は出来上がります。それも、より美味しくね!

 

考えてみれば、そのためにディスプレイしたり接客したりインスタにアップしたりするんですよね〜 

だから魅力的に見えるディスプレイやインスタのスタイリング、シーンをイメージしながらの接客、といったことが大切。

食品売り場のパプリカのように。

 

aaandrea / Pixabay

売りたいもの、売れているものをただ見せているだけでは、実は効果はないのです。

どんな献立に仕上がるのか?そのレシピを提供するようなディスプレイや接客をして見てくださいね!

ファッションワールド東京で講演します。

日本で一番大きいファッションの展示会『ファッションワールド東京』

その場で今年もお話させていただくことになりました。

なんと無料で聴講できますよ!

(事前の申込みとファッションワールド東京への入場券が必要です)

VMDセミナーへのお申込みはこちらから↓

d.fashion-tokyo.jp
店長・販売員向け 研修セミナー - 日本最大のファッション展 - ファッション ワー...
https://d.fashion-tokyo.jp/seminar/vmd/

ファッションワールド東京への入場券はこちらから↓

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

スライドテキストがダウンロードできるので、そのまま社員研修にも使用できますよ!

 

関連記事

  1. 若松

    いつも勉強させて頂いてます!
    より美味しくのワードにワクワクしました。
    さらに、店頭で味付け頑張ります!

    • 藤井 雅範

      若松さん
      コメント拝見しました。
      『より美味しく』お客さんに提案してみてくださいね。
      いつもありがとうございます!

CAPTCHA