リズムで惹きつけましょう!|IPのテクニック

公開日: IP, VMD, VMDノウハウ


こんにちは!

藤井雅範です。

リアル店舗の売上をアップさせるコンサルタントです。
このブログでは主に、“VMD”という「見せることでお客さんに店舗の価値を伝える」手法、に関して書いています。

お客さんが笑顔になって売上につながる、そんな風にお客さんとの交流を楽しみながらお仕事できたら素敵ですよね〜

陳列アレコレ

今日は陳列手法について書いてみようかな?と思います。

あっ、サムネールは本文とは関係ありません!(笑)

なんとなく面白かったから。

でも惹き付ける、という意味では関係あるかも?

 

さて、お洋服をお店に並べる場合、様々なパターンがあります。

アイテム別に並べる

ワンピースだけを集める、セーターだけで棚を作る、パンツだけをまとめて展開する・・・

こんなふうにアイテム別でまとめる陳列があります。

特に、コートやワンピースやダウンジャケットといったものには効果的な陳列です。

素材別に並べる

デニム、チノクロス、カシミヤ、などといった素材ごとで集めて陳列する手法。

特徴のある素材を強調する時に効果的。

コーディネート別に並べる

素材やアイテムを混ぜながら色で分けていく方法です。
メインアイテム(コートなど)のカラー別でコーディネート出来るサブアイテムを混ぜていく手法。

コーディネートが伝わりやすいですね。

コーディネート配色別に並べる

上記のコーディネート別を基本に、一つの配色のみを抜き出す方法。

色をまとめてしまうのではなく、別けてリズムよく挟み込むことでラック自体のインパクトが出ます。

 

これはコントラストも出て遠目からも視認性がよく、近づいてもコーディネートが理解されやすいというメリットがありますね!

リズムで惹きつけ、スタイリングを伝える。

これにバッグや靴、アクセサリーを混ぜて展開しても良いですね。

単純に陳列しているように見えて、惹き付ける効果の高いラックとなります。

今募集中のセミナー情報はこちら

【7/24 VMDセミナーin神戸】主催/有限会社ネオナレッジ

詳細記事はこちら

日時:
2018
年7月24日(火)
時間:
セミナー/13時~16時
懇親会/16時~17時 (セミナーだけ、懇親会だけ、の参加は出来ません)

場所:
『エリンサーブ内 セミナールーム』

神戸市中央区海岸通り3-1-1 KCCビル

(元町駅西出口より南へ5分)   

参加費:(消費税含)
・セミナー&懇親会:8,000円

●申込み先

有限会社ネオナレッジまで、下記のいづれかでお申込みください。

お申込みフォーム :お問合せ内容の箇所に「セミナー申し込み」とお書きください。

メール:mail@f-biz.net  (件名に「セミナー申し込み」とお書きください)

FAX:078-392-2137

電話:078-333-7510

もしくは携帯 090-9988-9105

 

メール、FAXの場合は、

①お名前 ②事業所名 ③所在地 ④TEL⑤メールアドレス

をお書きください。

 

■主催/お問合せ

 

有限会社ネオナレッジ

TEL:078-333-7510

メール:mail@f-biz.net

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP