小さなしあわせを積み重ねましょう!

毎日は小さなしあわせにあふれている

銀杏並木

空が青すぎるから、まるでバナナのような色をした銀杏の木が鮮やかなコントラストで目に入ってくる。

「メッチャ綺麗だなぁ」

 

お昼に食べた焼き魚定食。塩焼きしただけの鯖は思いのほか脂が乗っている。

「あ〜旨いなぁ」

 

夕方車を運転していたら、ラジオから昔良く聞いた音楽が流れてきていろんな思い出が蘇る。

「なんだかジーンとくる・・・」

 

実は毎日の生活って、そんな小さな小さなしあわせに満ち溢れています。

なのに、意外とそんなしあわせに気づかずに過ごしてしまっていませんか?

そんなちょっとしたしあわせにひたる余裕もなく、ついつい目の前の業務をさばくことにばかり意識がいってしまっていませんか?

ボクも結構そうして過ごしてしまっています。

目の前の業務に気を取られて、そんな小さなしあわせを大事にしない。

見過ごしてしまっているんです。

しあわせは自分の心が決める

最近つくづく思います。

生きるってことは、業務をこなすことではない。

どれだけ小さな幸せを積み重ねることが出来るか?ということなんじゃないかなって・・・

そんな小さなしあわせにいちいち感動することが実は大事なんだと思っています。

 

朝早くから出張に行くときにどう感じるか?

「あーっ、もっと寝ていたいのにつらいなぁ」と感じるのか

「今朝も早起き出来たから、澄み切った青空と鮮やかな銀杏並木を見ることが出来た。しあわせだなぁ」と感じるのか。

 

高圧的で苦手な取引先に出向くときにどう感じるか?

「あーっ、あそこの部長はおっかない。会いたくないなぁ」と感じるのか

「あの会社の近くの定食屋、鯖の塩焼きが抜群に旨い、たのしみだなぁ」と感じるのか。

 

肉体的にきつい配送業務を行うときにどう感じるか?

「今日も運転と積み下ろしと配送、つらいなぁ」と感じるのか

「運転しながら好きな音楽が楽しめる。更には移り変わる景色まで見れる、良い仕事だなぁ」と感じるのか。

 

これらはみんな自分の心が決めることです。

ツライ業務だなぁと感じるのも、しあわせだなぁと感じるのも、選ぶのは自分の気持ちですね。

どうせなら、自分でちいさなしあわせを積み重ねたいものです。

そうすることできっとビジネスの質も変わってくるはず。

 

今日、2015年の最後の日にそんなことを考えていました。

来年も小さなしあわせを積み重ねていきましょう。

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*