• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • どこで買った服なのか、わかりません???

どこで買った服なのか、わかりません???

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

涼しくなった朝を迎えると、少しだけ寂しく感じます。

夏が終わっていくんだな・・・

どこのお店で買ったのか思い出せない

ヤフー知恵袋(利用者同士が知識や知恵を教え合うコミュニティ、知識検索サービス)で、こんな相談を見つけました。

「以前買った洋服ですが、どこのお店で買ったのか思い出せません・・・」

織りネームに付いているブランド名は聞いたこともない。

洗濯表示タグに付いている会社名は知っているけれど、どこのお店なのか?わからない。

そんな状況だそうです。

確かにブランド名=お店の名前、とは限りません。

会社の名前=お店の名前、ではない場合が多い。

 

このエピソードを読んでいて思いました。

今の時代の消費行動を顕著に表しているなって。

消費者から見れば、お店はたくさんある。

それも似たようなお店ばかり。

更に印象に残るような購買体験もしていない。

そして商品も似たり寄ったり・・・

これじゃ、どこで買ったのか思い出せなくても当然ですよね。

思い出せる服、思い出せない服

みなさんもご自身のお洋服をどこで買ったか思い出せますか?

思い出せる服。

思い出せない服。

その理由を考えてみることが、これからのビジネスに役立つヒントになるかもしれません。

 

どこで買ったか思い出せる服とは?

●商品自体の独自性

●印象に残る店舗環境

●まるで友人のような、会話の弾む接客体験

●結果として長く愛される商品に・・・

こんな要素があるのではないでしょうか?

 

どこで買ったか思い出せない服とは?

●特に当り障りのない流行り服

●入りやすいけど印象に残らないお店

●親切だけど、特に印象に残らない接客

●購買理由が価格の安さ、だから大切に扱われない・・・

こんな要素かもしれません。

牧場

「ブランド」と言うのは、牧場で牛を区別・判別するための「烙印」が語源です。

きちんと区別・判別されないと「ブランド」ではないのかもしれません。

扱う商品やお店が、お客様の印象に残るようにするためには、どこで買ったか?をすぐに思い出せるかどうか?

ここにヒントが有るかもしれませんね。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*