お店の奥行きは何と比例するのでしょう?

こんにちは!

藤井雅範です。

お店の間口の広さはと坪効率は比例する???

一般的に『間口が広く奥行きの浅いお店は坪効率が良い』と言われています。

お店の外側に面して沢山商品を見せることができるからですね。

反面、お客様がゆっくりと寛いでお買い物したり、お試しするには落ち着かない

 

そして『奥行きの深いお店は坪効率が悪い』と、一般的に言われています。

間口が狭いとお店の外側に見せることのできる商品は限られるし、心理的にもお店に入りづらい。

反面、お客様にはゆっくりと寛いでお買い物していただけるし、お店もしっかり対応できる。

お店の奥行きの深さとお客様の関係性

お店の前を沢山のお客さんが通る立地環境。沢山のお客さんに入ってもらって回転率を上げたい。

あなたがそんなスタイルのビジネスを望んでいるのなら間口が広く奥行きの浅いお店』を作ればよいでしょう。

商品はすぐに見つけやすい、反面落ち着かないのでコンビニエンスなお買い物になります。

 

お店の前を通るお客さんが少ない立地環境。限られたお客さんにゆっくり見てもらって客単価を上げたい。

あなたがそんなスタイルのビジネスを望んでいるのなら『奥行きの深いお店のほうが落ち着いて応対できるかもしれません。

商品を丁寧にお見せできる、ゆったりとトータルで提案できお試しも沢山できます。セット率が上がり、結果客単価が上がる。

 

『奥行きの浅い、広い』と言ったお店の地型。それはお客様の関係性と比例するとも言えますね。

お客様と関係性が浅いピジネスなら奥行きも浅く。関係性が深いピジネスなら奥行きも深く。

これが一つの目安かもしれません。

 

お店の出店する際、どんな場所が良いのか?どんな地型が良いのか?を判断する基準は、あなたがお客様とどんな関係性のピジネスをしたいのか?で判断することが大切。

目先の条件に踊らされていませんか?

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*