『安心して下さい。描いてますから・・・』

VMDコンサルタントの藤井雅範(ふじいまさのり)です。

5億4590万円で落札?

元、具体美術協会員である白髪一雄さんの作品が、昨年、5億4590万円で落札されたそうです。

これは個人としてのオークション記録を塗り替えるような額らしい。

白髪一雄さんと言えば、天井からぶら下げられたロープにつかまりながら、足に絵の具をつけ絵を描くと言う(フット・ペインティング)という手法が有名です。

具体美術協会は1954年から18年間ほど活動したアート集団。

解散後43年を経て、今もなお人気が衰えない。

それも国内より、海外での評価が高い稀有なアート集団です。

堀尾貞治さんのパフォーマンス

先日、テレビで元具体美術協会員である堀尾貞治さんが出演されるのを拝見しました。

御年76歳になられますが、ますますパワフルに活動を続けていらっしゃる。

ボクも、公開のパフォーマンスに何度か参加させていただきました。

芦屋市立美術博物館や、あべのハルカスで行われたものです。

完成作品!

昨年行われた芦屋美術博物館でのパフォーマンス

堀尾先生と記念写真。 サインをもらって、更に良い作品になりました!

堀尾先生と記念写真。 

今回のテレビは『沸騰ワード10』という番組でのご出演。

実際のパフォーマンスに、『とにかく明るい安村』さんも参加。

パフォーマンスの内容はこんな感じです。

色とりどりの絵の具の入ったバケツに、沢山のスーパーボールを浸ける。

白いキャンパスに囲われた部屋の中にスーパーボールを投げつける。

部屋の真ん中にはまるで標的にようにふんどし一枚の安村さんが立っている。

跳びちる色とりどりの絵の具。

ハプニングで出来る美しい色の奇跡。

逃げまどう『とにかく明るい安村』。

最後にはバケツごとキャンパスに投げつける堀尾さん・・・

床・壁・天井に、描かれた作品は躍動感あふれるものになりました。

堀尾さんもパワフルで楽しそうで、とても活き活きと製作されていたのが印象的。

『他人の真似をするな!誰もしていないことをやれ!』

もうご存命の方が少なくなってきている具体美術協会。

堀尾さんの姿を見ていると『他人の真似をするな!誰もしていないことをやれ!』という、リーダーの吉原治良のメッセージを生涯かけて実践し続けていらっしゃる様に思えます。

しかもとっても楽しんでいる・・・

 

具体美術協会に関しては過去にも幾つか書いています。

良かったら覗いてみてくださいね!

「具体美術協会」そのスピリッツに触れる。堀尾貞治のパフォーマンス!

「空気を切る」瞬間を目にしました!

現代アートの基本に触れる、ワークショップ

現代アートの基本に触れるⅢ。「一瞬絵画」とは?

ネーミングの妙、「履けない靴」が「作品」に昇華した!

賞状なんてくそくらえ!

作品が作り続けられる限り、平和は続く・・・

オリジナリティとパーソナリティを加えてみよう・・・

『あたりまえのこと』アートになった点字新聞

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑