現代アートの基本に触れる、ワークショップ

VMDコンサルタントの藤井雅範です。 今日もブログを訪ねてくださりありがとうございます!  

あたりまえのこと「一石六鳥!」

ワークショップに参加してきました。 芦屋美術博物館で行われている展覧会「具体、海を渡る」 その関連イヴェントです。 元、具体美術協会員のアーティスト、堀尾貞治さんによるワークショップ。 堀尾貞治さんのパフォーマンスについて、以前の記事はこちら↓ 「空気を切る」瞬間を目にしました! 

具体美術協会とは?

具体美術協会は1954年、芦屋在住の吉原治良を中心に結成された前衛芸術家の集団です。 その

「人の真似をするな!」

「これまでになかったものを作れ!」

といった吉原の教えのもと、阪神間に住む若手芸術家達が集まりました。 そしてそうしたモットーや、独創的・革新的な表現を徹底的に追求する理由として吉原は次のように記述しています。

「われわれはわれわれの精神が自由であるという証を具体的に提示したいと念願しています。新鮮な感動をあらゆる造形の中に求めて止まないものです・・・」

この記述は「具体美術協会」というネーミングの由来、とも言えるでしょう。   当時の状況といえば、戦後、自由な表現が出来るようになったとはいえ、いざどのように表現して良いのか? そんな思いをもった若手芸術家達が結構存在した様です。 彼等は活動の場を、キャンパスのみならず野外、舞台、そして空中にまで広げて極めて独創的な表現を行いました。 そしてその評価は、ミッシェルタピエをはじめとする、海外の批評家達に高く取り上げられます。 2013年もニューヨークのグッゲンハイム美術館で回顧展が開かれるなど、いまだに日本国内よりも海外での注目が高い、希有な団体と言えますね。 実際の活動は1972年の吉原の死去まで、とされています。 今回はその具体美術協会会員で、現在も現役の現代アーティストとして活躍する、堀江貞治さんによるワークショップ。 とっても貴重な機会です。  

ワークショップ!

「あたりまえのこと」とのテーマで、身近な題材を用いてワークショップは行われました。 ひとつ目のワークショップ。 タイトルは「一石六鳥」! 詳細は動画を見てください↓


堀尾さんによる「一石六鳥」

堀尾さんによる「一石六鳥」

      石が勝手に絵を描いてくれる訳です。 それが箱の中の6つの面に描かれる。 だから「一石六鳥」! ネーミングも絶妙ですね。 これを体験して思ったことがあります。 それは、そのときの感情を入れ込んで制作したらどうなるだろう? ということ。 例えば、「嬉しい」と言う感情。 その感情を表現するにふさわしい

・箱の形、を選び

・石の形、を選び

・絵の具の色、を選び

・絵の具を盛りつけ

・箱の振り方、を行う

・・・・・ これを「嬉しい」「悲しい」「楽しい」「怒り」などなど。 そのときの感情別で作ってみる。 作品として展示する時にその感情テーマをつけて並べて表現すると、その違いが浮き立つ。 きっと面白い表現が出来るんじゃないかな〜?・・・  

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑