ファッションワールド東京で、セミナーをします!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

ファッションワールド東京とは?

ファッションワールド東京ってご存知ですか?

ファッション・ビジネスに携わる、小売りサイド(バイヤー)と製造サイド(メーカー)が出会う場。

また、OEM先(自社企画品を製造していただくメーカー)やODM先(企画から製造まで委託するメーカー)との出会いの場でもあります。

ファッションワールド東京はそんなファッションに関する日本最大規模の展示会になります。

カテゴリーは大きく4つ。

国際アパレルEXPO、国際バッグEXPO、国際シューズEXPO、Men’s Tokyo(国際メンズファッション展)という展開。

豪華な特別講演

また、連日開催される特別講演が充実しています。

ボクも前回、前々回とお聴きしましたが、 ファッション業界のトップランナーから拝聴できるお話はとっても勉強になりました。

過去にその内容をブログでも紹介しています。

前々回の大西洋さん(三越伊勢丹ホールディングス代表取締役 社長執行役員)の講演について↓

『ファッションワールド東京2014春 基調講演』

前回の牧山浩三さん(㈱パルコ代表執行役社長)の講演について↓

『パルコの刺激創造、それはソーシャルメディア活用にも』

前回の谷口勝彦さん(バーニーズNYクリエイティブディレクター)と上田谷真一さん(バーニーズNY社長)の講演について↓

『バーニーズNY。その独自性を維持する為の3つのキーワードとは?』

前回の遠藤恵司さん(ビームス副社長)の講演について↓

『儲かるか、儲からないか?ではなく、楽しいか、楽しくないか?』

とっても興味深い内容でしたよ!

ボクもセミナーを行ないます

スクリーンショット 2015-02-15 12.53.43

さて、そのファッションワールド東京。

今年も4月1日から3日まで東京ビッグサイトにて行なわれます。

ボクもセミナーを行なわせていただく事になりました。

『売れない時代に見せ方で売る!「価値」を伝えるVMDとは?』

というタイトルです。

4月1日(水)の11:30〜12:30です。

既に認知されているVMDのノウハウやテクニックをお話しするつもりはありません。

今の時代に必要なブランドや店舗のあり方、お客様への商品や店舗の価値を如何に伝えるか?

だからこんな見せ方が効果がある・・・といったお話。

同質化、価格競争、客数の減少、ソーシャルメディアのインフラ化・・・

そんな時代に効果を出せるVMDとは?

そんなお話をさせていただこうと思っています。

参加は無料、事前申込制なのでお早めに!

今回のセミナーは参加費は無料です!

しかし、事前の申込が必要。

合わせてファッションワールド東京への招待券も入手する必要があります。

以下から申し込んでくださいね。

『招待券(無料)お申込み』

『各種セミナー(無料)申込フォーム』

(ボクのセミナー紹介欄の横にある四角いボックスにチェックを入れてください!)

皆様とお会いできる事を楽しみにしています。

 

・・・・・そういう事です。

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑