やってはいけない、造花の使い方!

公開日: 内装 , , ,


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもボクのブログを訪ねてくださりありがとうございます!

 

残念な鉢植え

今朝、朝食を摂ったホテルのレストラン。

ガーデンレストラン、と言う名前だけあって、立派なお庭に囲まれています。

池はもちろん、滝まであって、緑が豊かです。

朝食を清々しい気持ちでいただけますね。

その名もガーデンレストラン。緑に囲まれています。

その名もガーデンレストラン。緑に囲まれています。

 

席についた目の前には、黒い長方形の陶器の鉢に入った植物が。

何故か、ちょっとした違和感、を感じました。

食事を初めて目に入ったのがその陶器の端に見える、白い発泡スチロール。

植物はこれに突き刺さっています。

あっ、造花なんだ・・・

目の前に置かれた植物の鉢

目の前に置かれた植物の鉢

 

よく見れば発泡スチロールが見えています。

よく見れば発泡スチロールが見えています。

 

 

先ほど感じた、ちょっとした違和感、それは目の前の良く出来た造花から感じたものだったんですね。

ホント、最近の造花は良く出来ている。

すぐには気付かない。

中には、全く気付かない人もいるんじゃないかな?

でもね、一度気付いてしまうと逆に気になるんです。

圧倒的に違いを感じはじめます。

見た目だけではなく、匂いの違い、生物から発せられる「気」の無さ。

植物ではなく、プラスティックやビニールに付着する特有のホコリや汚れ。

こんなものがどんどん見え始めます。

レストランに入った時に、庭を見て感じた清々しさも、いつしか半減・・・

こんな事が気になるのは、ボクだけなのかな???

 

技術は活かし方が大事。作るだけではなく使い方も啓蒙しよう!

造花を作る技術、これはホントに大したものだと思う。

でもその活かし方、これには注意が必要です。

・お客様の目線の位置には使わない。

・お客様に近すぎる距離では使わない。

・ホコリや汚れは必ずメンテナンスする。

・下草(発泡スチロールやオアシス)は見えないように細心の注意を払う。

こういった事が出来ればよいですね!

 

その技術を活用し意味のあるものにするのか?

雰囲気や空気感を損ねる、残念な偽物でしかないのか?

それを使う人はもとより、それを販売する側にも啓蒙していただきたいですね!

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑