本当にオススメしたい商品ならば、徹底的に魅力を伝えましょう!

公開日: VMDノウハウ, VP


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

写真はイメージです

写真はイメージです

お店で商品を見せる時、あれも見せたいこれもご紹介したいと思ってしまっていませんか?

本当に気に入ってたくさん仕入れた商品ならば、それにフォーカスをあててその魅力を大きく見せるのが効果的。

絞り込んで見せたほうが伝わるんです。

限られたスペースで何を伝えるか?

どんなお店もスペースは有限です。

一定のスペースの中で伝えられる情報量は限られている。

あれもこれもと均等に見せていたら、結局何も伝わらなかった、なんてことも考えられます。

あなたがとっても気に入って、ぜひお客様にオススメしたいなと思って、たくさん仕入れたような商品があるのならば、徹底的にその魅力を伝えましょう。

一枚のワンピースの魅力を引き出す見せ方

例えば、一枚の白い総レースのワンピースがあるとします。

その同じ白いワンピースを使って3通りの着こなしを見せてみる。

ショーウインドウや、店内のステージで3体のボディを使って見せてみましょう。

一枚で着せる時は、上質なアクセサリーやバッグや帽子を添えて、少し盛り上がったコーディネートで。

インディゴブルーのGジャンを合わせる時は、イエローなどの差し色をバッグやシューズに加えてカジュアルダウン。

もう一体はクリーム色のカーディガンを合わせて少しゆるくリラックスしたムードに。

こんな風に同じ一枚のカーディガンを3通りの着こなしで見せてみましょう。

ショーウインドウやステージの上で3体まとめて見せる。

その場合、トルソーを使うのなら同じ高さに揃えて見せる。

マネキンを使うのなら同じポーズのモノをリピートして見せてみる。

そうすることで、コーディネートの違いが浮き立って見えてきます。

『同じ商品なのに、こんなに着こなしが広がるんだ!』

『あっ、こんな着こなしも良いわね!』

・・・

お客様に商品の価値が伝わりやすくなります。

絞り込むことでインパクトもでる!

どんなに気に入って、その良さをお客さんに知ってほしいと思っていても、それが伝わらなければ売れません。

そのためにはまず見せ方を工夫することです。

さらにPOPやセールストークや、スタッフの着用にまで広げてみる。

そんな工夫で魅力は伝わりやすくなります。

そうすれば、一点の商品だけでなく、お店全体が印象的になります。

お客様の目に留まりやすくなる。

その商品自体の売り上げが促進されるだけでなく、店頭にインパクトが出て入店にもつながるということ。

今オススメしたいモノはなにか?

それはどう表現できるのか?

そうするとどんな効果があるのか?

こんなことを考慮してVMDを実施していきましょう。

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    白のワンピースは素材や形によりますが、清楚イメージが浮かびます。それを3通りのコーディネイトによって、全く違った着こなしを楽しめますね。
    こんなご提案をサラリとお客様にできたら素敵な接客だと思います^ ^

    ありがとうございます!

    青木由紀

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP