お客様を愉しませるストーリーを考えましょう!|ビジネスのシナリオ


友達が始めたカフェに行ってみた

昨日は友達が始めたカフェを訪れました。

築90年の日本家屋。

元々酒屋さんとその住居だった場所。

1Fにトルコ料理屋さんがあって、そこの二階。

トルコ料理屋さんがフリースペースとして使っていた部分です。

img_6624

二階のこの店までアクセスする方法は二通り。

わざわざトルコ料理屋さんを通り抜けて、二階へ上る階段を使う。

もう一つは、脇道(軽自動車がギリギリ通れるくらいのほそーい道です)側に設けられた階段を使う。

この道はトルコ料理屋さんの正面の道を左に折れた路地。

店前を通る人はまず、いない。

そんな立地なんですね。

外から見れば、中にカフェがあるのかどうかよくわからない。

小さな黒板に店名サインとメニューが書かれているだけ・・・

 

その分、中にはいればマッタリとくつろげるスペースが広がります。

まるで、友達の住む古い部屋に招かれたような落ち着きが感じられる。

そんなお店なんです。

 

ニューヨークにある隠れ家レストラン

img_4078

ボクはこの店に行って、この春ニューヨークに言って時に訪れたメキシカンレストランを思い出した。

この店は外観を見れば、タコスのファーストフード店。

みんなが気軽にカウンターに座って食べたり、テイクアウトをしたりして賑わっています。

ボクの友達がいうには、「ここはなかなか予約が取れないのよ。今日は特別に紹介してもらってやっと予約が取れたの」ということ。

なんでこんなファーストフードのタコス屋さんが?ボクはそう思いました。

でもそれだけじゃなかった。

そこには秘密が隠されていました。

 

秘密のドアを開いてみると!?

連れていてくれた友達が向かったのは“従業員専用”と書かれたドア。

その目には強面な黒人が二人立っています。

友達が名前を告げると、その“従業員専用”と書かれたドアは開かれました。

細ーい通路を抜けるとコーナーの受付のようなカウンター越しに女性が座っています。

背中には何やら食料品が並んでいる。

img_4073

一体どこに行くのだろうか?

そんな不安が頭をよぎります。

でも要領がわからないボクは、黙って友だちについていくしか無い。

そこでも名前を告げると次の扉が開かれます。

 

階段を地下に降りていきます。

降りきって曲がった通路の先は、なんと厨房。

いわばレストランの裏側です。

img_4068

コックさん達がまさに調理している現場の脇の本当に細い部分、そこをボクの友達はをすり抜けます。

調理の熱が感じられるほどの近さです。

そしてその先を抜けた場所には???

 

冒険は終わった・・・

まるでタイムスリップしたような世界。

禁酒法時代の秘密クラブのようなバースペースが広がっているのです・・・

狭い狭い通路を何度も曲がりくねって、おまけに細ーい厨房の脇をくぐり抜けなければここには辿りつけない。

そんな不安感と手間がかかったからこそ、なのでしょう。

ここに入ると、ある種の感動を覚えます。

『冒険は終わった。さぁ、ゆっくり食べて愉しく飲もう!』そんな気分になりました。

img_4062img_4036img_4032

お金儲けが先じゃなく、ストーリーが先なんだ!

さて、どうしてこのようなお店が出来たのでしょう?

たくさんお客さんにきてもらおうとか、単純に儲けようとかいう思いだけが先にあると、こんな店は出来上がりません。

解りやすく看板を掲示して、マスコミに宣伝して、集客することが多いことでしょう。

コレだけのストーリーを組み立てられるのはきっと、「たくさん集客しよう、たくさん儲けよう」という思いが先では出来ないと思います。

「お客さんに思いっきり楽しんでもらおう、ドキドキワクワクを体験してもらおう」そんな思いが先にあるのでは?そう思うのです。

そしてきっと、そんなストーリーを企画するのはめちゃめちゃ楽しい仕事だと思います。

そんなお店を体験するとお客様が笑顔になる。

お店側も笑顔になるはず。

 

そしてお客様はそんな話を伝えることでしょう。友人や家族に。

クチコミで、SNSで。

沢山のお客様が訪れるようになる。

最終的に、お店のスタッフ、経営者、その周りの人達にも幸せが訪れる。

そういうことだと思うのです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

PAGE TOP