どうなる?これからの眼鏡屋さん・・・|IOFT国際メガネ展で講演します


こんにちは!
VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

メガネの思い出

StockSnap / Pixabay

僕が始めてメガネを掛けたのは、たしか小学校の4年生の時。

近くの商店街にある小さな眼鏡屋さん。

2人入ればいっぱいになってしまうくらい狭い店内。

そこでフレームの展示から検眼から加工までを店主のおじさんが一人で行っていました。

セルロイドのフレームを耳に沿うようにカーブを付ける。

その調整を電熱器の上で器用に曲げる様が珍しくて、じっと見入っていたのを覚えています。

 

父親も兄貴も当然のようにそのお店を利用していました。

当時は近くにはそのお店ぐらいしかなかったですからね〜

 

眼鏡屋さんの今

今はどうでしょう?

そういった地域に根ざした専門店もあるし、老舗のチェーン店もある。

安い価格を売りにした店もあるし、スタイリッシュでシンプルなチェーン店もあります。

 

アメリカではワービーパーカーというメガネ専門の通販企業もあります。

ホームトライオンというシステムで、一度に最大5本までフレームが送られてきて無料で試着できます。

フレームと顔やファッションのバランスって、カンタンには見極められない事が多いので、ありがたいシステムですね。

 

そして日本でもファッション企業であるベイクルーズがメガネ業態に本格的に乗り出しました。

『EYETHINK HIROB(アイシンク ヒロブ)』とうショップを新宿フラッグスの2Fにオープンさせたのです。

ファッションのセレクトには定評のあるベイクルーズなので、メガネのセレクトセンスも気になりますね。

本格的な検眼のスペシャリストも在籍するそうです。

新宿フラッグス2Fにオープンした『EYETHINK HIROB』

 

そんな中で、小規模な店舗を運営する企業、地域に根ざした個人のメガネ店がどういった進化を遂げていくのか?

まさに今、そのターニングポイントを迎えているのかもしれません。

 

国際メガネ展で講演します

日本最大の眼鏡専門展示会であるIOFT 国際メガネ展。

メガネに関する、仕入れ・情報収集・OEM発注などができる場です。

セミナーも多数開催され、僕も講師として登壇することになりました。

 

皆さんの視点を変えられるような、皆さんの行動が変化するような、そんな講演にしたいと思っています。

時間もたっぷり1時間30分。

メガネ業界の方はもちろん、すべての小売業の方に向けてヒントになるお話をさせていただこうと思います。

10月10日(木)10時30分〜12時まで 東京ビッグサイトにて行います。

 

IOFT 国際メガネ展の招待券はこちらから(無料)↓

 

僕のセミナーの申込みはこちらから(有料:5千円)↓

 

皆様とお会いできますことを楽しみにしています!

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP