街ゆく人を楽しませる役割


ニューヨークの街を歩くとよく解ることがある。

それは店舗が如何に

街ゆく人の目を楽しまそうとしている

ということ。

 

残念ながら日本の路面店はそういった意味では足元にも及ばない。

もちろん例外はある。

バーニーズニューヨークや阪急百貨店梅田本店などは、街ゆく人の目を楽しまそうという気概が感じられる。

しかし、そういったお店は少数。

いや、むしろ昔より減ってきているように思う。

売りたい商品を、「これでもか!」くらいに見せている路面店が多い。

 

『まちづくり』といえば少々大げさに聞こえるかもしれない。

でもそれくらい大きな意味で考える事が、これからのリアル店舗には必要ではないか?そう思う。

 

一つ一つのお店、企業の経営者が街全体のことを考えて店作りをしているとは、残念ながら考え難い。

逆に行政側が一つ一つのお店の経営がうまくいくようにまちづくりを整備しているか?といのも少々厳しい。

 

企業の経営者サイドは自分たちの売上最優先で考えるし、行政サイドは全体の規律遵守を最優先で考える。

 

では果たして何を基準に『まちづくり』が行われるべきなのであろうか?

 

僕の意見はこうだ。

『街ゆく人々が楽しんで歩いているか?』

コレが叶えば、そのお店で買い物する人は増える。

その街を訪れる人が増える。

企業の経営者も、行政側も成功者になるのだ。

 

それぞれが歩み寄る。

自分の短絡的な利益最優先から、まず待ちゆく人に楽しんでもらう店作り・まちづくりへと。

それが出来ればリアル店舗に人はやってくる。

それが出来なければリアル店舗はますます衰退するかも・・・

先日通りかかった神戸元町・旧居留地の「VALENTINO」

街並みも店舗のディスプレイも市民が停めた自転車も、まるで一枚の絵のようにしっくり溶け込んで魅力的に見えたなぁ。

 

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまでを収録。

スライドテキストがダウンロードできるので、社員研修にもそのまま利用できます!

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP