ポール・マッカートニーからのメッセージ

公開日: VMD, エッセイ


『ボクにはもう、人を信頼することしか、残されたものはない』

 主人公である、首相殺しの濡れ衣を被せられて逃亡中の男が、助けてくれた通り魔の男に答える。

映画『ゴールデンスランバー』でのワンシーン。

主人公の青柳雅春を演じるのは堺雅人。

通り魔のキルオを演じるのは濱田岳。

 

この映画のタイトルにもなっている『ゴールデン・スランバー』はビートルズの曲。

実質、ビートルズとして最後に録音されたアルバム『アビイ・ロード』のB面に収録されている。

“アルバム”を楽しむ

 アナログの時代は、お気に入りのアーティストの音楽は“アルバム”を入手して楽しむのが主流であったように思う。

デジタル時代になって、1曲単位で容易に手に入るようになった。

反面、わざわざアルバムとして楽しむというスタイルは、確実に減少傾向であるように感じる。

 

 そんな意味でも『アビイ・ロード』はアルバムとして楽しむ素晴らしさが伝わる1枚だとボクは思う。

メドレー中心のB面は特にそうだ。

そしてこの『ゴールデン・スランバー』~『キャリー・ザット・ウエイト』~『ジ・エンド』のメドレーは圧巻。

何度も何度も聴いてしまう。


『ゴールデン・スランバー』
かつて そこに道があった
その道はふるさとに帰る道が
かつて そこに道があった
ふるさとにかえる道がね


『キャリー・ザット・ウエイト』
さぁ、その重荷を背負うんだ
その重荷を背負っていけばいいさ これからもずっと


『ジ・エンド』
最後に
きみの受けとる愛は
きみが与える愛と同じだけあるんだよ

ポール・マッカートニーからのメッセージ

 アルバム『アビイ・ロード』のB面のメドレー。

コレを一曲一曲つないでいったのは、ほぼポール・マッカートニの手によるものらしい。

ビートルズ最後のアルバムとして、ポール・マッカートニーが意識していたのか、偶然なのかはよくわからない。

  

ただ

「もう一度やりなおさないか?」「僕達がやってきたことは素晴らしいことじゃないか?」「世界中の人達にこんなに愛されているんだぜ!」

そんなメッセージにも、聴こえてくるのだ。

 

 ポールマッカートニーはこのメッセージを伝えるために『アビイ・ロード』というアルバムを作ったのかもしれない。そのために一曲一曲をメドレーとしてつなげていったのかもしれない。

デジタル時代の今でも、“アルバム”の良さを忘れないようにしたいなぁ。

お得な特典は、今月いっぱいで終了!

限定特典:『あなたの街で出張コンサルティング!』

2019年1月31日までにDVDをお申し込みいただいた方限定での特典です!

藤井雅範があなたの街へ出かけます。その場で出張コンサルティングを行います。

しかも無料!(もちろん交通費も)

ちなみに通常のスポットコンサルティングは1時間5万円(税及び交通費別)

店舗のワンポイントアドバイス、ディスプレイテクニック、売上分解によるご相談

SNSやブログの活用、社員の皆様へのセミナー、展示会や店舗の出店改装の相談

ブランディングやディスプレイツールの相談まで。

一時間を目安に対応いたしますよ。(実施日時は要相談)

経営者の皆さん、事前にスタッフの皆さんにDVDを観てもらった後に、無料コンサルを受けられると実行力が増します。DVDなので復習も何度でも可能です。

この機会をご活用いただき、売上アップへとつなげてくださいね!

DVDのお申込みはこちらから↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP