『何を見せるか?』よりも『どう見せるか?』だ!

公開日: VMD, アート


こんにちは!

藤井雅範です。

 

子どもたちの夏休みも終わり、今日から登校が始まったところが多いようです。

ファッションの店頭も秋物、あるいは秋色夏素材といった商材で彩られています。

美術館に学ぶ洋服の見せ方

絵画などを美術館で見て「良いな!」「美しいな!」「魅力的だな!」「惹かれるな!」と心を動かされることがあると思います。

そういった場合、作品の力はもちろんですが、それ以外の要素で作品をいかに引き立てているのか?という点にも注目してみましょう。

 

例えば額

その作品を引き立てるためにどんな額に入れるのか?

これには作者がよりこだわりをもってセレクトしている場合が多いのです。

同じ作品でもどんな額に入れるのか?によって、その作品が引き出す魅力は大きく変わってくることを、作者はよく知っているのです。

 

例えば背景

今回の展示のテーマ、カテゴリー分けによって、どんな背景をその作品に持ってくるのか?

これによって見え方は変わってきます。

一人の作家の変遷がテーマ。

モノクロばかり描いていた時代から、有彩色を描くようになった時代の変化を表現したい場合。

例えば、モノクロの作品たちがならぶ中央に、一つだけ有彩色の作品を中央に展示する。

その事によって、その作者のたどってきた作風の違いをより際立たせようという効果を図ったりするのです。

そしてその有彩色のキーカラーを背景の壁の色に持ってきたり。

そうすることで、モノクロの作品たちがコントラストを持って見えるようになり、中央の作品はハーモニー豊かに映る。

あたかもその壁全体が作品のように見えてきたりするのです。

 

こういった場合にはアートディレクターのセンスで、展示会全体の完成度が変わってきます。

キュレーターの意図もより深く伝わってきたりしますね。

 

お洋服を見せる場合も同じ

額を選ぶように道具を選ぶ

その洋服はハンガーに掛けたほうが映えるのか?テーブルに広げたほうが魅力的なのか?あるいはフックに引っ掛けたほうが良いのか?マネキンに着せるのか?トルソーに着せるのか?

という風に道具を吟味する。

背景を選ぶように壁紙や什器を選ぶ

壁紙の色は何色?

棚は何色?素材はウッド?ガラス?スチール?

といった点を追求する。

 

あなたが仕入れた大切なお洋服たち。

こんな考え方で更にその価値を高く伝えてくださいね!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

PAGE TOP