VMDも接客も恋愛と同じ!?

公開日: VMD


こんにちは!

藤井雅範です。

リアル店舗の売上をアップさせるコンサルタントです。
このブログでは主に、“VMD”という「見せることでお客さんに店舗の価値を伝える」手法、に関して書いています。

お客さんが笑顔になって売上につながる、そんな風にお客さんとの交流を楽しみながらお仕事できたら素敵ですよね〜

VMDセミナーin横浜

昨夜はVMDセミナーin横浜。

23時まで参加者の皆さんとコミュニケーションを取ることが出来ました。(ちょうどサッカーの始まる時間笑)

横浜はもとより、静岡、東京、埼玉からも駆けつけてくださいました。

そして今回は参加者の半数近くが初めてお会いする方たち。

懇親会で直接お話を伺うと、とても反応が良かったです。

誰もが知るアパレル企業、有名ファンシーグッズ企業、地元の名店などなど、肩書きだけではなく志の高い人が集まってくれました。

そして懇親会でも新たなつながりが出来た様子。

横浜でセミナーをやってよかったなぁ、そう思いました。

早速、みなさん今日から皆さんが行動を起こしてくれるはず!

ホント出会えて嬉しかったです。

参加していただいた皆さん、ありがとうございました!

出版記念セミナーin人形町

今日は、柳沼佐千子さんの出版記念セミナーに参加しました!

『空気を読まずに0.1秒で好かれる方法。』

柳沼さんとの出会いは、神戸三宮のバスターミナル。

淡路島へ向かうバスを待っていました。

たまたまバスに乗る際にボクの前に並んでいたのが出会いです。

どうやら、乗車が始まった時にチケットが必要なのか不要かどうか?システムがわからずに切符売り場へ急がれたタイミングでした。

普通なら焦った表情を浮かべてもおかしくないタイミングなのに、圧倒的な笑顔でにこやかに行動された、その感じの良さが印象的でした。

 

その後、偶然行き先が同じだたことが判明。

淡路島で行われるイメージトレーニングを受講することで、つながりが生まれたんです。

 

彼女は『印象力アップ』のトレーナーとして企業に『好感度アップ』のセミナーや研修を開催して高確率でリピートの要請が来るという、圧倒的な成果を提供しています。

バスターミナルでの出会いは、彼女がそれ(好感、好印象)を体現しているのを目の当たりに出来た経験でした!

 

さて、今日の柳沼さんのセミナーでボクが興味深かったことがあります。

それは店頭での接客時にお客様にお買い上げいただくまでの過程を解説したもの。

 

まず、『とびっきりの笑顔』でお客様に好印象を感じてもらう(感情が揺さぶられる)

次に『商品のスペック』を感じてもらう(論理的に)

そして『お買い上げ』という行動をとって頂く、といった流れです。

最初に『とびっきりの笑顔』でお客様の感情を揺さぶるところがポイントです。

こうすることで、スペックに左右されること無く買っていただける。(逆に悪印象だと、スペックが良くても買ってもらえない)

 

この話を聞いて、偶然昨夜横浜セミナーでお伝えしたこととの共通点を感じました。

それは『VMDと恋愛』というおはなし。

お客様が商品を購買するまでの過程を恋愛に例えてお話したのです。

ショーウインドウ(VP)で『ワッ、素敵やん!』とハッとさせる。(突然の出会い)

ポイントのディスプレイ(PP)で『アッこれ良いやん!』と気づかせる。(偶然の再会)

実際の売り場(IP)で『コレにしよう!』と選んでもらう。(お付き合いが始まる)

といった一連の流れのお話。

 

恋愛ドラマで言うとこんな感じ。

『道端で男女がすれ違いざまにぶつかる』→ハプニング、突然の出会い

『飛行機の隣の席で男女が再会する』→タイミング、偶然の出会い

『話が合う、気が合う、波長が合う』→フィーリング、お付き合いが始まる

といったたとえ話です。

 

昨夜のVMDセミナーで上手く話せたかどうかわかりませんが、ボクが一番伝えたかった部分でもある(笑)

あっ、来週の仙台セミナーでもこの話がメインだから期待しておいてくださいね!

 

好感度をアップするために第一印象を磨くこと。

これは店舗がお掃除やディスプレイを整えてお客様をお迎えする姿勢を取ることと同じ。

VMDにも第一印象はとっても大切なんだ、そう感じることが出来ました。

柳沼さん、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

PAGE TOP