『シンクロニシティ』って、たしかにある・・・|VMDセミナーin芦屋&東京


昨夜はVMDセミナーin東京。

良いムードで盛り上がったセミナーでした。

芦屋セミナー

東京セミナー

芦屋〜東京と2週続いた今回のセミナー。

自主セミナーとしては初めてゲスト講師を迎えての試みでした。

わずか半年で7万人のフォロワーを獲得した、人気インスタグラマーの西岡健斗くんがゲスト。

僕がモード学園で講師をしていた時代の元教え子です。

彼の講演内容がすごかった!

  • インスタは“憧れ”の世界から“共感”“共有”の世界へ進化してきている
  • インスタのアカウントを育てる上で必要な特性・独自性・統一感・触発性・有益性・双方向性・共感性の6つ
  • リアル店舗がインスタグラムを活用するメリットは・イヴェント告知(ストーリーズ)・イメージ訴求(フィードの統一感)・オムニチャネル(インスタからECへ、店舗へ)
  • 企業はインスタグラマーに“売る力あがあるのか?”を見極めて発注する事。フォロワー数だけで見てはいけない。
  • 本質は、自分の好きなことを有益な情報に置き換えて投稿する。過去の自分や誰かに向けて書いてみること

 

単にインスタグラムに詳しい23歳の青年ではありません。

もはやSNSコンサルタントの粋に達していました!

実は1回食事しながら話した程度で、込み入った打ち合わせはしていません。

なのにとても不思議なことがいくつも起こった。

よく『シンクロニシティ』っていう言葉を耳にします。

偶然の一致や、なにかの力で引き寄せられたりすること。

今回はまさにそれが連続したのです。

 

偶然の発見

そもそもモード学園時代、僕はVMDの講義を週に2日程度彼らに行っていました。

当時はその中の一学生と講師の関係。

僕は講義の中でもVMDとSNSについて話していたので、学生たちがどんなSNS投稿をしているのか?には興味があった。

でも実際SNSを上手く活用している様な学生を見つけることは出来なかった。

その中で、ちょっと情緒的な、僕の琴線に触れる投稿をみつけた。

それが西岡くんのインスタをフォローするきっかけ。

 

『学生時代に講師が教えてくれた“風の歌を聴け”という小説をよんでみた。その一節がとても気に入った。もっとしっかり講義を聞いておけばよかったよ・・・』そんなニュアンスの投稿。

この講師が僕のことだというのはすぐにわかりました。

講義の中でも“村上春樹”や“風の歌を聴け”についてよく話していたから(文学ではなくファッションやVMDの講義で、です 笑)

これは実は、まだ西岡くん本人にも言っていないお話。

 

もちろんそれは嬉しい投稿。

当時彼は特段注目すべきリプライ数やフォロワー数を獲得していたわけでもなかった。

だけどその文章表現に彼らしいナイーブな感性を感じたんです。

もうその投稿は削除されて、見ることは出来ないけれど・・・

 

目をみはる進化

西岡くんが料理を撮影すればその姿を皆が撮影し始めるw

それ以降、彼の投稿は日に日に進化していったんです。

コンバース、中でもチャックテーラーCT70をキーにしたファッション投稿。

その撮影手法の進化、投稿内容の進化が目覚ましかった。

すごいな!と注目し始めると、いつしか万を超える数のフォロワー数に。

 

そして新しく立ち上げたライフスタイルアカウントでは、わずか半年で7万人のフォロワーを獲得。

すっかり人気インスタグラマーとなりました。

もう目が離せなくなり、僕も彼の影響でミニブログ風のアカウントを初めたのです。

いつの間にか教え子に教えを請う、というしあわせな立場になりました。

そして西岡くんの事例を

『僕のセミナーに来てくれる経営者の皆さんにも聞かせてあげたい!』

そう思うようになり、今回ゲスト講師として参加してもらったのです。

 

セミナー内容でのシンクロ

僕が『POPやソーシャルメディアでは、お客さんに売り込むのではなく有益な情報を発信しよう』

といえば、彼は『フォロワーに“保存”されるような有益な内容の投稿を』と話す。

 

僕が『店頭の見え方からメディア発信まで一貫性が大切・仕事を楽しく成功させるには独自性を持とう・お客さんに共感される店頭表現や発信を』といえば、彼は『インスタのアカウントを育てる上で必要な特性は・独自性・統一感・触発性・有益性・双方向性・共感性の6つ』と話す。

 

僕が『悩んだり迷ったときは、10年後の自分なら今の自分になんて声をかけるか?と思いを馳せている』といえば、彼は『3年前の未熟だった自分に向けて有益な情報を発信している』と話す。

 

なんていうシンクロ。

本質的な部分は見事に合致している!

ほとんど、いや全く打ち合わせらしいことはしていないのにね~

 

今回のセミナーは、なにかに導かれるように実現した気がします。

そして届けるべき人に向けてしっかり届けられた内容になった、と自負しています。

 

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

 

そして西岡くん、良い経験でした。

ありがとうね!

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP