表参道にR.R.Lのお店が出現・・・

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

いつもブログを読んでくれて、ありがとうございます。

 

アトモスフィアの良いお店

今日は久しぶりに表参道のラルフローレンへ行きました。

裏側には、以前は「Rugby(ラグビー)」というブランドのショップだった部分。

何と「RRL(ダブル・アール・エル)」のショップに変わっています。

これは、ラルフローレンのヴィンテージライン。

日本では唯一の路面店ではないでしょうか?

実は去年の末に出来ていたそうなんですが、知らなかった。

(今までは、ラルフローレンのショップの中でコーナー展開されていました)

アメリカでも店舗数は少ないです。

ボクは、LAのマリブ・カントリーマートのショップに行きました。

なんだか、古ーいガソリンスタンドをモチーフにした様な外装。

横には、小さな噴水のあるお庭もあった・・・

あとは、メルローズのお店にも行きましたね。

でも今回の表参道のお店は2フロア展開。

売り場面積としては一番大きいのでは?

今は、一階が秋冬物、二階は春夏もののセール売り場になっています。

古着屋の様に積み上げられた陳列

古着屋の様に積み上げられた陳列

 

ちょっとおどろおどろしいぐらいの踊り場です

ちょっとおどろおどろしいぐらいの踊り場です

 

アンティーク家具が多用されています

アンティーク家具が多用されています

 

クラッシックなディスプレイ

クラッシックなディスプレイ

 

入り口

入り口

 

あたかも、もう何百年も前からある様な外装

あたかも、もう何百年も前からある様な外装

 

プレート。格好良い!

プレート。格好良い!

 

「RRL(ダブル・アール・エル)」は商品そのモノにヴィンテージ加工されているものが多く、その商品が集積されている様は、まるでヴィンテージの古着屋に来ている様な錯覚を覚えます。

お店の外装は、まるで何百年も前からあった様な風格を醸し出しています。

内装も、エイジング加工(経年変化をわざと演出する内装技術・工事)されていて、とても重厚さを感じます。

商品のテイストと良くマッチした、アトモスフィア(空気感)が良く出たお店です。

このようなテイストが好きな方は、是非足を運んでみては?

お店を見る、商品に触れる、スタッフと話す、これだけでもとっても値打ちがあります。

「RRL(ダブル・アール・エル)」を体験してみてくださいね!

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*