お客様の気分に目を向けてみましょう!

公開日: VP


VMDコンサルタントの藤井雅範です。

なぜフルーツ売場が入り口にあるのか?

食品スーパーのレイアウトでは、フルーツ売場が入り口付近に設定されている場合が多い。

コレは、フルーツというカテゴリーが生きていく上で最低限必要な食材ではない、というところによるらしいですね。

つまりちょっと贅沢品ということ。

ただし、見た目は華やかでいかにも美味しそうでちょっと豊かな気分にさせてくれる。

おまけに季節感を演出する効果も。

なので、入り口付近にフルーツ売場があると、ちょっと気分が昂揚する。

それを目にすることでお客様のイメージが膨らむ。

そして財布の紐もゆるむ。

ついつい色んなものを買ってもらえる、ということです。

さてファッションのお店では?

ファッションのお店でもお客様の気分に着目してみましょう。

暗く沈んだ気持ちのままではファッションを買おうという気にならない。

なかなかお店に目を向けていただけません。

ちょっと気分を昂揚してもらえる様な演出があった方が良いのです。

だからショーウインドウを演出したり、VPステージを魅力的なスタイリングにしたり、アトモスフィア(空気感)に気を使ったりするんですよね。

どんなに良い商品が並んでいても、ただそれだけではファッションをお買い物したくなる気分にはならない。

そもそも魅力ある演出をしてまず目を向けていただくことからはじめる事が大切です。

それを目にして、お客様にファッショナブルな自分の姿をイメージしていただく。

ファッションのお買い物をしたくなる気分になれるように。

魅力的な演出をしましょう!

写真はイメージです。

写真はイメージです。

魅力ある演出の為には、良く売れる商品、いわゆる売れ筋だけをアピールさせるだけでは不十分です。

ファッションを楽しもうとする気分になっていただくこと。

気分を昂揚させるようなスタイリングを見せる。

その為には、実際にはあまり売れなくても、華やかに見えたりする見せ筋の存在も大切。

スタイリングも少々デフォルメ気味に演出することも有効だったりします。

だから服飾雑貨、バッグや靴やストールやアクセサリーを上手くコーディネートしてあげましょうね。

まとめ

売れ筋の商品をたくさん集める、安い価格を表示する。

それだけで満足していませんか?

ファッションを楽しんでみようと思える魅力的な店頭になっていますか?

お客様の気分をアップさせる行動、ここに注目してみましょう。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP ↑