ニューヨークレポート|表現のトレンド

公開日: VMD


こんにちは!

藤井雅範です。

ピンナップのようなディスプレイ

ここ数年の表現でよく見られるのは、ピンナップのようなディスプレイですね。

壁に貼り付けたような見せ方。

ポスターやパネルと行った薄いものだけではなく、実際の商品である洋服や帽子や靴やギターなど。

なんでもかんでも貼り付けて表現する、みたいはディスプレイが多い。

日本でもよく見かけるようになったし、今回行ったニューヨークでもよく見受けられましたよ!

サーフボードやギターまで貼り付けてます!

流石にボールはボックスに入れてるw

 

レコードはたくさん貼り付けると絵になりますよね〜!

 

刷毛も貼り付けるし、ボートのオールもはりつけの刑に!w

 

洋服はもちろん、スプーンやキャンプ道具や調理道具まで。

この下4枚で壁面に使われているのは「有孔ボード」と呼ばれているもの。

あらかじめ穴が空いており、専用のパーツがあるのでいろんな大きさ、厚みのものに対応できます。

容易に差し替えられるので変更もしやすい。

当然、壁を傷める心配もない。さいしょっから沢山穴が開いてるからね〜。

 

貼り付けるという手法は、壁面にラックや棚を置くよりも奥行きをとらないので、店舗の幅も有効に使えたりします。

近くで見るときと、遠くで見るときの表情、見え方の違いも面白い。

 

テイストを問わない表現方法

こういう手法は、一見カジュアルな商材の表現に向いているように思えます。

アイテムやカテゴリーを超越して無造作に貼り付ければ、セレクト(吟味して蒐集)した感じが比較的簡単に出せる。

逆に貼り付け手法(整然さ、間隔)規則性とアイテムの絞り込みを意識すれば、キレイ目の商材や高価なな商材でもOK!

マグネットを仕込んで貼り付けるやり方は、高級バッグブランドなどでも見受けられますよね〜。

 

表現方法を変化させたい時、こんなピンナップのようなディスプレイを取り入れてみてはいかがですか?

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑