デザインとオペレーションは連動させましょう!

公開日: VMD, 内装


ケーキ屋さんのVMD

IMG_3506

ケーキ屋さんのショーケース、色とりどりのケーキが並んでいます。

最近はフォトジェニック(写真映えのする)なケーキが人気だそうです。

ますますショーケースを見るのが楽しみですよね!

 

先日、ちょっと残念なショーケースの運用を目にしました。

改装して新しいインテリアデザインとなった老舗のお店です。

大きなショーケース一面、広い横幅にケーキが陳列されています。

遠目に見ても、とてもインパクトがある!

おそらくそんな効果を狙って設計されたのでしょう。

しかし・・・運用オペレーションが悪かった。

ボクのお買い物体験

ボクはショーケース越しに注文を終えました(モンブラン、とても美味しかった!)

お店のスタッフは、ケーキを箱に詰め始めます。

ボクはそれを待っている。

駅前の人気店なので、お客様は次々とやってきます。

しかしボクがショーケースの前で待っていると、次のお客様はボクの前の商品が見えない。

なので、少し移動するのですが、結局また移動先の商品を隠すことになる。

新しいお客様がショーケースを見るために移動するたび、ボクも移動しなければならない。

だからショーケースの前でウロチョロしてしまいました。

そしてそれはボク一人ではなかった。

新しいお客様に気づいた人はみな、ウロチョロウロチョロ。

これでは居心地が悪いですよね・・・

 

一般的には、レジカウンターとショーケースは分かれている場合が多いのです。

そうすることで、精算や商品を受け取るのを待っている場所はレジ前。

ショーケースを隠すことはありません。

しかしそのお店では大きなショーケースというデザインを優先したのでしょう。

インパクトはある。

しかし運用がなされていない。

オペレーションで改善は出来る

では両立させることは出来ないのか?

そんなことはありません。

注文が終わったお客様を誘導すればよいのです。

喫茶コーナーの席でも良い。

『どうぞこちらにおかけになってお待ち下さい』と一言声をかければ良い。

もしくは大きなショーケースの一部は商品ではないディスプレイスペースにすればよいのです。

季節の演出でも、お店やスタッフの紹介でも良い。

商品が陳列されている場所は新しいお客様のために空けていただく。

注文が終わったお客様は、商品ではないディスプレイスペースの前で、ゆっくり待ってもらうようなオペレーションにするのです。

 

ボクが体験したような居心地の悪さ。

これは意図したものではないはずです。

インパクト効果を狙ったデザインを採用したかったというのは良い。

ただそこには必ずオペレーションを加味して設計・運用するべきです。

 

デザインはデザイン、オペレーションはオペレーションと分けてはいけない!

お客様が快適なお買い物が出来る設計をデザイナーと協同することが大切です。

良いアイディアを本当にお客様が快適に過ごせるように高めていくのです。

店舗デザインと運用オペレーション。

切り離して考えてしまっていませんか?

 

・・・・・そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑