あなたのお店では、まだ撮影禁止ですか?

公開日: VMD, ソーシャルメディア ,


VMDコンサルタントの藤井雅範(ふじいまさのり)です。

パリコレは、いちはやくSNSで拡散?

10月7日に閉幕した2016年春夏パリコレクションでは、来場者にSNSで情報を発信することを促すようなショーの演出があったそうです。

おそらく今まではコレクションの写真がすぐさま発信され誰もが見れる状態になるというのは、あまり考えられなかったのではないでしょうか?

限られたプレス関係者のみが写真を撮影でき、消費者はファッションの専門誌から情報を受け取る、といった流れが普通だったように思います。

しかしSNSがインフラ化しようとしている今、このようにSNSで情報を発信することを促し、その拡散効果を利用すると言う手法は登場して当然でしょうね。

ファッションショー

写真はイメージです

消費者としては、いち早く生の情報を入手することができる。

ブランド側としてもネット上のSNSのコメント等で消費者の反応をいち早く掴み取ることができる。

発売も今までのように発表後半年経ってからではなく、発表直後から店頭やネットで販売することが可能になったブランドもあるそうです。

消費者にとっても、うれしいことかも知れませんね!

商業施設や店舗ではまだ・・・

コレクションの場ではこういった動きが加速しているようです。

しかし実際の商業施設や店舗を見ているとどうでしょうか?

まだまだ撮影は禁止としている商業施設やブランド店舗が多くあります。

その半面SNSで話題になり拡散される効果を承知して、自ら撮影や投稿を流すようにしている店舗やブランドもありますよね!

 

今はまだ過渡期かもしれません。

しかしSNSがインフラ化されていく流れは止まらないことでしょう。

どうせなら早く波に乗り波を乗りこなした方が得策と言えるかもしれませんよ。

あなたのお店やあなたのお店が入っている商業施設が、まだ撮影禁止等の規則を頑なに掲示しているのならば、今が考え直す良いタイミングかもしれませんね・・・

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP