価値を高く伝えるために大切なこと|ジュエリーのVMD

公開日: VMD


こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

 

ジュエリーというカテゴリーも、大きく捉えればファッションと言うくくりに含まれます。

そして一般的には高価なものです。

だから、より買う側の“思い”が込められやすいとう面もあることでしょう。

“モノ”だけではない、メモリアルな意味合いや、身につけるだけで気分が高まる、といった効果も。

 

それだけに売り手に求められるのは、“価値の伝え方”です。

“モノ”の良さだけではなく、それがあることでお客さんのライフスタイルがどの様に彩られるのか?という視点が大切なんですね。

ブランドジュエリー ビジネス & スタイル

昨日発売された『ブランドジュエリー ビジネス & スタイル』

ボクが取材を受けた記事も掲載されています。

お客さんがどの様に一点の商品を認識されるのか?リアル店舗では?SNSでは?といったことを、ジュエリーの場合に落とし込んで話しました。

興味のある方はこちらから購入できます↓

「CLAS」というジュエリーブランド

そしてボクの記事の次のページの記事も興味深かった。

ボクと同じくジュエリーのVMDに関する話題。

自ら『CLAS』というジュエリーブランドのデザイン・制作からポップアップショップにおける販売まで携わっていらっしゃる。

「CLASのポップアップショップにはいつもテーマがあるのですが、そのテーマに合わせてジュエリーに一つ一つ名前をつけています。たとえば和菓子というテーマの時に“かしわ餅”“白玉金時”“抹茶みつ豆”といった名前をつけました。そしてその名前と素材、価格を記したネームタグを作ってジュエリーに添えました。ディスプレイも和菓子屋さんに和菓子が並んでいるように、漆のトレイにジュエリーを並べてみました・・・・・ディスプレイにはジュエリーを作るのと同じくらい手間がかかります

なんとジュエリー制作と同じくらいの手間をかけてディスプレイを作り上げているそうです。

 

さらにはインスタグラムに投稿し続ける効果も大きいそうです。ジュエリーは小さいので店頭では目につきにくいから、インスタグラムで事前に見ていただく意味もあるみたい。

 

飯塚さんのVMDの考え方には、とても共感できます。

ジュエリーは小さいので店頭では目につきにくい。

そしてどの商品もよーく見ないと違いがわからない。

だから見せ方に徹底的に工夫することで、やっと伝わりやすくなる。

これは他のジュエリーの売り場の参考にもなりますね。

一度ポップアップショップを拝見したくなりました。

 

はっきりいって今のジュエリー売り場のVMDの考え方は、まだまだ十分ではない店が多いです。

興味を持って見た瞬間、いきなり接客攻撃にあってしまうしね(笑)

 

『CLAS』のような考え方のお店ならば、ジュエリーの価値が高くお客様につながるのでは?そう思いました。

『CLAS』のインスタグラムです↓

ジュエリーに関しては以前も記事に書きましたので、良かったら見てくださいね↓

 

ファッションワールド東京で講演します。

日本で一番大きいファッションの展示会『ファッションワールド東京』

その場で今年もお話させていただくことになりました。

なんと無料で聴講できますよ!

(事前の申込みとファッションワールド東京への入場券が必要です)

VMDセミナーへのお申込みはこちらから↓

ファッションワールド東京への入場券はこちらから↓

セミナーの様子を収めたDVDを発売中!

VMDの基本から、売上をアップさせるシナリオ作りまで収録しました。

スライドテキストがダウンロードできるので、そのまま社員研修にも使用できますよ!

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP