• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • 春色の服を身に着けて、きままなる旅にいでてみん

春色の服を身に着けて、きままなる旅にいでてみん

こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

ワールドというアパレルメーカーに入社して29年、独立してから6年。

35年間ずっとVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング)の仕事をしています。

 

新型コロナウイルス対策として、イヴェントや人混みの多いところへの外出の自粛が行われています。

確かに今は我慢のときかもしれません。

しかし閉じこもってばかりいても気持ちが沈んでしまいます。

感染拡大防止には充分気を付けながらも、ちょっとだけ外に出てみませんか?

萩原朔太郎の旅上

ふらんすへ行きたしと思へども

ふらんすはあまりに遠し

せめては新しき背廣をきて

きままなる旅にいでてみん

汽車が山道をゆくとき

みづいろの窓によりかかりて

われひとりうれしきことをおもはむ

五月の朝のしののめ

うら若草のもえいづる心まかせに

これは萩原朔太郎の詩、『旅上』です。

“ふらんす”という、ひらがな表記が良いですねぇ。

 

たしかにふらんすはあまりに遠い。

当時のふらんすはファッションや芸術や文化の最先端の地。

“ふらんすに行く”ということは、考えるだけでもとても気分が上がることだったんでしょうね〜

 

ふらんすに行けなくても、せめて新しい洋服を着て、思い切り春の気分を楽しんでみましょう。

別に全て新しく買い揃えなくても構いません。

春色のカーディガン

春色のブラウス

春色のスカート

きれいな色の洋服を一点だけでも手に入れて出掛けてみる。

ふらんすに行かなくてもウキウキした気分が味わえるはずです。

春色の演出をしよう!

そしてお客さんにそんな気分になっていただくことが、お店の役割です。

春色のコーディネート、春色の演出。

見るだけで気分が上がりそうなヴィジュアル・プレゼンテーションを作ってくださいね!

それが今のファッションのお店の使命だと、

そう思うのです。

VMD技術を高めたい方へ!|期間限定ディスプレイ指導企画

新型コロナウイルスの影響で商業施設への人出も減っています。

しばらくは仕方ありませんね。

逆に言えば、沈静化した後に備える時間が取れた、とも考えられます。

『商品の納品が遅れて店頭にボリュームがない』

『春物なのにそれらしいディスプレイが出来ない』

『陳列ラックや棚がスカスカで魅力がない』

・・・・・

そんなお悩みはありませんか?
小さな投資で大きな効果を出す!

VMD技術を高めたい方へ期間限定企画のお知らせです。

6月までの期間限定で、特別価格にてディスプレイ指導致します。

店頭へお伺いし、課題に応じたディスプレイのアドバイスを行います。

  • 特別な道具を用いずにショーウインドウを魅力的に見せる方法
  • 触りたくなる棚やラックにする方法
  • 靴やバッグやアクセサリーが売れる!具体的な表現方法
  • お客さんの滞在時間が伸びるレイアウト手法

小さな投資で大きな効果を出す『2時間で売上が上がるライトハウス式VMD』を伝授します。

興味のある方は下記のフォームよりお気軽にお問い合わせくださいね!⬇
(メッセージ欄に以下の内容をご記入ください)

・特にアドバイスが欲しい箇所をご記入ください

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

*