リアル店舗の魅力|ウツワ編

こんにちは!

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

リアル店舗の魅力に関するブログ↓ 今日はその第4段です。

店舗空間だけでなく空気感までが“ウツワ”

児島のデニムショップ

岡山県の児島。

デニムのメッカです。

産地でもありますが『児島ジーンズストリート』とう通りには30件ものジーンズショップが軒を並べています。

その中でひときわ印象的だったのが『ジャパンブルージーンズ』というショップです。

一軒の古民家をまるまるショップにしています。

母屋の方は内装をリノベーションして店舗としての機能を果たしています。

一方離れの方はギャラリーのようにジーンズがディスプレイされています。

畳の上にたくさんのジーンズが敷き詰められている。

離れには手を加えられておらず、素朴な古民家のまま。

お出迎えの心

デニムというものはインディゴ染めです。

日本にも藍染め文化があります。

刺し子や剣道着クロスといった和風の仕上げの商品も多い。

とデニムと日本の文化には共通のものが流れているんでしょうね。

だから古民家とデニムがしっくり感じてします。

 

中にいらっしゃるスタッフも良い感じでリラックスした雰囲気。

もちろんデニムを穿きこなしてる。

「よかったら写真自由に撮ってくださいね」

そう声をかけてくれる。

 

部屋の中に差し込む光、そよぐ風、鳥の鳴き声、のんびりした空気感、そしてそこに鎮座するデニム達・・・

なんだかとても居心地が良いんです。

大仰ではなく、自然とリラックスしたお出迎えの心。

まるで商品のデニムまでがくつろいで見える。

こういった『空気感』を通して商品というものの価値が高く伝わる。

これが“ウツワ”の持つ力なんです。

「有名な先生がデザインされたから良い店舗」

なのではありません。

どんな先生でも商品の良さを理解せず、それを引き出そうともしないデザインならばそれは絵に描いた餅。

そういうことです。

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

*