• HOME
  • BLOG
  • VMD
  • お店やブランドのコンセプト、モノだけしか語っていないとしたら・・・

お店やブランドのコンセプト、モノだけしか語っていないとしたら・・・

こんにちは!

藤井雅範です。

 

モノのコンセプトだけでは不十分

『うちのブランドのコンセプトは・・・』

『私のお店のコンセプトは・・・』

などと語られる場合、往々にして“モノづくり”や“商品開発”や“仕入れ”に関することを話される方が多いように思います。

しかし、コンセプトというものはその部分だけでは不十分です。

商品(モノ)だけではなく、接客(ヒト)や広告・宣伝やVMDやインテリアにも存在するのです。

 

あなたの商品が他社では絶対に再現できないもの、圧倒的に独自性のあるものだったら、モノだけのコンセプトでも良いかもしれません。

しかし今の時代、他社でも似たような商品が存在する場合がほとんどではないでしょうか?

その場合、モノだけのコンセプトだけならば“価格競争”に陥りやすい。

そうなると不毛な戦いです。誰もしあわせにはならない。

しかし、接客や空間や価値の伝え方にまで言及できるコンセプトならば話は変わってきます。

たとえ“モノ”は同じでも独自性のある選ばれるブランドやお店になることが可能になってくる、ということ。

 

もし、『商品力(モノ)だけでは売れなくなってきているなぁ』そうお考えならば、こんな発想を取り入れてみてはいかがでしょう?

 

逆転の発想をしてみよう!

接客(ヒト)編

店頭でどんな接客・サービスを行うのか?

そのためにはどんなモノづくり(仕入れ・商品開発)をするべきか?という発想をしてみる。

 

VMD(ウツワ)編

店頭をどんな空間・どんな見せ方をするのか?

そのためにはどんなモノづくり(仕入れ・商品開発)をするべきか?という発想をしてみる。

 

宣伝・販促(メディア)編

お客さんにむけて、どんな発信をするのか?どんなコミュニケーションをとるのか?

そのためにはどんなモノづくり(仕入れ・商品開発)をするべきか?という発想をしてみる。

 

 

“モノ”中心のコンセプトから、“お客さまのライフスタイルをどう彩るのか?そのためにはどう価値を伝えればよいのか?”そういったことにまで言及するコンセプトへ進化させてみましょう。

コンセプトって変えちゃいけないもの?なんて言っている場合じゃない。

時代に応じて進化させていくものです。

 

進化出来なければ、待っているのは滅亡だけなのだから・・・

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*