入店客数がアップしたVPチェンジ

アフター

今日はショッピングモールの
巨大な駐車場で
自分の車を見失ってしまった。

あまりの巨大さは
時として錯覚を産む。

あるはずの車がそこに無い・・・

?????

でもよくよく見れば
ちゃんとありました。

車止めが無かったスペースなので
少しバックさせすぎて

目立たなかっただけで・・・

ちゃんとシェヴィーは
ボクを待っていてくれました。

 

さて、以前、入店客数がアップした
VPの話を書きました。

《クリック》
VP:ヴィジュアル
プレゼンテーションについて

今回、また入店客数を調査する
機会がありましたので
紹介しますね。

このお店は、間口がとっても大きく
4つの入り口があります。

そして、向かって一番左に
ショーウインドウがあります。

最初の調査(1時間)では
総入店客数が78名。

うち、ショーウインドウ脇の
入り口からは8名(10.3%)の
入店がありました。

そこで、ショーウインドの
スタイリングを少々見直しました。

同時にマネキンの構成を
工夫しました。

その後の調査(1時間)では
総入店客数が106名。

うち、ショーウインドウ脇の
入り口からは20名(18.9%)の
入店がありました。

このショーウインドウを見て
入られるお客様が
大きく増えたのです。

これがビフォア、アフターの
写真です。

ビフォア

ビフォア

アフター

アフター

 

違い、わかりますか?

  1. 2体のスタイリングの要素を
    絞り込む
  2. 雑貨、アクセサリーの使い方
    を工夫しインパクトをつける
  3. マネキンの向きを工夫する

①について、ビフォアの写真では
左のスタイリングがカジュアル
アップされたものであるのに対し
右はキレイメなスタイリングと
なっています。

②について、アフターの写真では
スタイリングのイメージを強調する
雑貨、アクセサリー使いが
工夫されています。

③について、ビフォアの写真では
マネキンが正面を向いています。

しかし、正面からこちらに向かって
歩いていらっしゃるお客様は
ほとんどいらっしゃいません。
右方向あるいは左方向から
歩いてこられます。

このショーウインドウの場合
向かって左側は壁になっているので
右から歩いていらっしゃる
お客様の方に向けてマネキンを
向けています。

またスタイリングの要素が
絞り込まれているので
二体を近づけて構成しています。

こうすることで、お客様からも
認識され易くなります。

アイキャッチがあり
足を止める方が増えます。

ウインドウを見る方が増えます。

入店客数が増える
ということになります。

入店客数を増やす工夫
まだまだ書いて行きますね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*