ねぇみんな、知ってたかな?ロックもファッションも、カウンターカルチャーだったんだよ


70年代の一時期、日本の一部のミュージシャンは“テレビに出ない”という傾向があった。

テレビに出ることが出来ないのではなく、要請されても出演を拒否する、ということだ。

 

フォークやニューミュージック(古い言い方!w)では吉田拓郎や井上陽水やユーミン。

ロックでは矢沢永吉や浜田省吾や山下達郎、他にもいろいろ・・・

こういった人達はテレビへの出演を拒否していた時期があった。

 

だから矢沢永吉がテレビ(NHKかな?)に出演するって話が出た時、「えっ、ウソだろう?」と、エライ話題になったものだ。

でもテレビに出ないという姿勢が、カリスマ性を高めていたことも事実。

 

昨日のブログに書いたように、70年代のカウンターカルチャーには『自由』『解放』『平和』『反体制』『物質主義から精神主義へ』・・・という共通したテーマがあった。

若者たちの想い・行動から生まれる『カウンターカルチャー』

それは日本でも同じ傾向。

安易にテレビに出演するってことは、コマーシャリズムへの迎合、そう見られた時代でもあった。

 

当時はフォークもロックもカウンターカルチャー。

それがマスメディアの最たる存在であるテレビに出演するってことは、裏切りのように受け取られても仕方がなかった時代だからねぇ。

 

カウンターカルチャーだったはずのロック、いつの間にかコマーシャリズムロックが増えていった。

それを揶揄するかのような歌詞がイーグルスのホテル・カリフォルニアに見受けられる。

He said, We havent had that spirit here

Since nineteen sixty-nine

(69年以降、ここには酒(スピリッツ)を置いていません」

 

矢沢永吉や吉田拓郎は今ではテレビにも出る。

それは開き直ったのか、十分大人になりすぎたのかはわからない。

対して未だに頑なに出ない人もいる。

マスメディアとしてのテレビの影響力が大きく変質した今、テレビに出演するってこと=コマーシャリズムへの迎合、とはもう言えない。

でも自分がどんなふうに見られるのか?どんなふうに表現されるのか?という点を気にかけるのは大切なことなんだろう。

 

ファッションのお店でもこんなことはある。

辺鄙な立地にあったころは遠方からわざわざお客さんが来てたのに、百貨店やファッションビルやショッピングモールに出店しはじめると、人気が落ちてしまうという傾向。

 

ブランドでも同じかな?

独自性のある、カウンターカルチャー的な立ち位置であれば出店立地には気を使って当然。

でもそんなブランドは少なくなった。

「売れれば何でも良い」そう言ってはばからない連中も多い。

別にそれが悪いわけではない。

ただ、新鮮だ!格好良い!と思われるファッションはカウンターカルチャーから生まれてきたことは事実。

主流の文化的慣習に対抗する想いや情熱が新しいものを生み出してきた。

「売れれば何でも良い!」

「これなら利益が出そうだ!」

っていう発想からではない。

 

今、若い世代にこんなことを伝えたい。

「ねぇみんな、知ってたかな?その昔、ロックもファッションも、すべてカウンターカルチャーだったんだよ・・・」

福岡でセミナー行います!

『人口が減少し始め、EC化率はまだ高くなり、リアル店舗の数も多いという現状。

売上の考え方一つでも新規客獲得から顧客さんの客単価や来店頻度や継続来店年数にシフトしたほうが良いのです。

そのための工夫を凝らすことが顧客さんにとってもメリットが多くなる。

VMDの施策も顧客さんをファン化する方向で考えると成果は高くなっていきます・・・』

 

今年最後のセミナーで、そんな話をしようと思います。

場所は福岡。

日程は12月12日。

セミナーは夕方の6時から8時位まで。

そのあと夜の10時くらいまで懇親会を行います。

12/12 VMDセミナーin福岡】

日時:
2019
年12月12日 木曜日
                
時間:
セミナー/18時~20
 懇親会/20時~22

場所:『STEREO(ステレオ)』内『サイドB』(別室となっています)
福岡市中央区大名2-1-4
 ステージワン西通りビル3F

http://www.stereo.jpn.com/stereo/
              

参加費:15,000円(懇親会費込、消費税含)

申し込み:こちらの専用フォームからお願いします。

スポットコンサルティング行います!

・12月11日(水)、12日(木)、13日(金)、14日(土)

福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、山口県が対象(14日は広島も可能。地域と時間により対応できない場合がございます)

なので通常の半額で実施させていただきます(税別、交通費無料です!)

  • VMD全般にまつわる相談・実践指導(具体的な実例を示し、ご教授します)
  • 売上改善に向けた施策の相談・提言(売上課題を聞き、具体的な打ち手を示します)
  • SNS活用の相談・提言(SNSの本質的な活用法から各SNSの使い分け方まで)
  • ミニセミナーの実施など(社員、スタッフ、同業者や地域の仲間を集めて)

あなたのお店や会社に出向いて実施いたします。

この機会に新たな目線で売上アップに取り組んでみませんか?

こちらのフォームからお気軽にお問い合わせくださいね↓

コンサルティング依頼・比較表・お問合せフォーム

(・ご依頼内容→その他問い合わせ・ご相談 ・メッセージ欄に『スポットコンサルティング希望』とお書きの上、希望の日時をご記入下さい。折返し自動返信フォームが配信されます。返信がない場合は迷惑メールボックスをご覧くださいませ)

 

皆さんとお会いできますことを楽しみにしております!

VMDがわかる、学べる、身につくセミナーDVD|販売終了間近となりました!

発売以来好評を頂いていたVMDセミナーの様子を収めたDVD、在庫がわずかとなりました。

そこで今回、在庫限りの特別価格にてご提供いたします。

(尚、今回限定の特別価格ですので、出張コンサルティング及び無料セミナー参加の特典はございません)

VMDを学んで行動を起こそうとする方、この機会をご利用下さいね!↓

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

PAGE TOP