アートから気づく、店舗表現のヒント!


『一つのものを圧倒的に集積することで、新たなフォルム(形)を生み出す』

ディスプレイでもアートでも、“表現”する時には効果的な手法です。

しかし大切なのはその“ひとつひとつ”に手がかけられているかどうか?というところにもあります。

 

「あたりまえこのと ひとつ ひとつ」

元、具体美術協会に所属していた堀尾貞治さんの展覧会、「あたりまえのこと ひとつ ひとつ」を拝見しました。

このギャラリー全体で一つの作品のようでもある。

しかし、よく見てみると3つのパートに分けることが出来るようです。

外に面したガラス部分のペイント。

左側の壁面。

右側の壁面、といったパートです。

 

ガラス面のペイント

堀尾さんと、アートギャラリーのオーナーの熊谷さんの姿を外から模写したと思われるペイントが、正面に見えます。

とてもインパクトがある。

おそらく、二人がガラス面に貼り付いた状態を、スタッフが模写したのでしょう。

 

左の壁面

中央にハート。

それを囲むように、円を描いたプレートがズラっと並んでいます。

ハートはよく見れば、雑誌を切り裂いてフォルムを作っています。

無造作に貼り付けているように見えますが、なんとも言えない趣のあるフォルムです。

 

円を描いたプレートも、ひとつひとつ描かれたものです。

配色も違えば、フォルムも微妙に違う。

ペンキの垂れた痕跡もひとつひとつ違う。

これもまた趣き深い。

その配色の楽しさに、田中敦子さん(堀尾さんと同じく、具体美術協会に所属していたアーティスト)の描く“円”を彷彿させてくれました。

 

この色とりどりの“円”と大きなハート。

どちらも曲線で優しく丸みを帯びている。

国境や人種を超越した“愛”のメッセージのような気がします。

 

右の壁面

使用されている素材は“展覧会のチラシ”

もう不要となったチラシを再利用しています。

不揃いながらも、短冊上のフォルムに切り取られたひとつひとつのチラシ。

それに対してひとつひとつペイントが施されています。

直線で分割するような線が描かれている。

気の遠くなるような作業がひとつひとつ行われているのです。

それが右の壁面に貼り付けられている。

 

こちらは左側とは対象的に、スクエアなライン。

密集されている場所と、均等に貼り付けられている場所。

そのバランスに趣がありますね。

 

堀尾さんの制作風景を想像してみると、きっと計算づくで創作しているわけではないのだろうな?そう思います。

アイディアとして大きなラフプランだけある。

次にひとつひとつの作業が圧倒的に集積される過程で、どんどんインスピレーションが働き、結果的には全体のフォルムが出来上がっているのかなぁって、そう思うんです。

 

逆に言えば、その出来栄え如何もひとつひとつの過程を積み上げることの結果なのだと思います。

だからこの展覧会のタイトルが「あたりまえのこと ひとつ ひとつ」なのかもしれませんね。

 

お客さんと店舗のスタッフと商品とがつながるような表現

ボクも店舗でこんな表現をやってみたくなりました!

お客さんと店舗のスタッフと商品とがつながるような表現ができれば良いなぁ。

 

お客さんと店舗のスタッフの写真が沢山集積されていてハートのフォルムになっていたり。

商品がひとつひとつが壁に貼り付けられてそれを囲むようにフレームが描かれていたり。

古い商品カタログをコラージュしてフレームに入れて壁一面に飾ったり。

そんなお客さんと店舗のスタッフと商品とがつながるような表現・・・

 

この展覧会は2017年1月10日から22日まで。

京都は蹴上、ウエスティン都ホテル隣の「アートギャラリー虹」にて開催中です。

 

 

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑