あなたは舞台の演出家です!

公開日: VMD, VP

VMDコンサルタントの藤井雅範です。

ショーウインドウは売りたい商品を掲示する場所ではない!

見てもらえないのならショーウインドウではありません。

 

ショーウインドウはお客様に見てもらう場です。

あなたの売りたい商品を掲示するだけの場所ではありません。

 

街を歩いてもショッピングモールを歩いても百貨店を歩いても、沢山沢山ショーウインドウはあります。

お客様はそのすべてをいちいち見ていたらいくら時間があってもお買い物は進みません。

まず見てもらえるように工夫する、足を止めてもらえることから考えましょう。

演劇の舞台を見倣いましょう!

例えば、演劇の舞台装置の様なウインドウ。

そのお洋服がとても映える見事なシーン設定があったり。

まるで舞台の女優を照らす様なピンスポットがあてられていたり。

マネキン同士が会話をしている様なポーズや視線の合わせ方をしていたり。

もちろん、お洋服だけでなく、その魅力や役者のキャラクターを引き立てる小物(バッグや靴や帽子やアクセサリー)のコーディネート、着こなし方も大切。

おもわず、足を止めてしまいたくなる魅力的な演出をすること。

それがあって初めてお客様はあなたのショーウインドウを見てくださいます。

マネキンの視線。右2体が中央のマネキンを見ている。左に対が同じ方向を見ている。

マネキンの視線。右2体が中央のマネキンを見ている。左に対が同じ方向を見ている。

 

もしも、そのような演出の工夫がなく、ただ売りたい商品を掲示しているだけだとしたらどうでしょう?

ただ単に、畳まれておかれているだけ、ハンガーにかけられているだけ・・・

おそらくその商品の魅力は半分も伝わらないでしょう。

その商品に気づいてもらえない・・・

まとめ

だから、魅力的な演出をしましょう。

ショーウインドウは街を歩く人の目を楽しませる役割もあります。

半分、パブリックなスペースとも捉えられます。

エンターテイメントな要素も必要なんです。

まずその条件を満たした上で、あなたが見せたい商品、売りたい商品を組み入れる。

そうすることでショーウインドウはその役割を全うします。

あなたは舞台の演出家でもある。

 

・・・・・そういうことです。

 

 

【12月12日に自主セミナーします!】

場所は芦屋。

『リアル店舗だから出来ること|ビジネスの本質とは?』そんなことをテーマにお話します。

懇親会もやりますよ!

みなさん、今年の締めくくりにご一緒に盛り上がりましょうね!

 

The following two tabs change content below.

藤井 雅範

代表 VMDコンサルタント株式会社ライトハウス
アパレルメーカー 株式会社ワールドにて28年と9ヶ月、一貫してVMDの専門職に従事。レディス、メンズ、雑貨ブランド。セレクト、ファミリー及びスポーツ業態のVMDを経験。複数の事業部にてVMDマネージャーを歴任。エクスペリエンス・マーケティング実践塾55期生。《藤井雅範のプロフィール》

Comment

  1. あおきゆき より:

    藤井様

    マネキンが会話だなんて、、、!
    視線!?シーン設定、、!
    そんな事、考えたこともなかったです。

    せっかくショーウィンドウを使えるなら、ボディに淡々と着せるだけでなく、素敵に演出してお客様に足を止めて見ていただきたいです。

    私も、小窓のような小さなショーウィンドウでも、商品がかっこよく演出されていて思わず見入る事があります。

    お客様がお店に入りたくなる、素敵なショーウィンドウを私もいつか作りたいです。
    まずは、お店のボディを着こなせるように一つ一つ気にとめて作っていきたいです。

    ありがとうございます!

    青木由紀

この記事に対するメッセージを御願いします。
いただいた熱いメッセージが元気の素になります。
それを励みに進化した内容でブログを書き続けます。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コンサル依頼 セミナー・講演・執筆依頼

藤井雅範プロフィールPDF
セミナーやコンサルティングをご検討される際の資料としてプロフィールをA4にまとめました。ぜひご活用ください。
売上がUPするVMD購読メール
ここからメールアドレスを登録していただくと「売上がUPするVMDブログ」の新着記事の通知をいち早くメールで受信できます。ぜひご登録ください。
VMD基本用語説明

VMD:ヴィジュアル・マーチャンダイジング→ お客様にあなたのお店(あなたのブランド)の価値を“視覚をメインとした五感で伝えること”。そのシステムのことをさす場合もある。

VP:ヴィジュアル・プレゼンテーション→ そのお店のMDの特徴やコンセプトを表現すること、またはそのスペースのこと。一般的にはお店のファサード(入り口、通路面のお店の顔の部分)にあるショーウインドウやステージ上で数体のスタイルをまとめてみせる場合が多い。

IP:アイテム・プレゼンテーション→ そのお店で、商品が、お客様が手にとれるように陳列されている状態、またはそのスペースのこと。

PP:ポイント・オブ・パーチェス・プレゼンテーション→ IPされている商品群をピックアップして、着こなしや着回し使い方を表現すること、またはそのスペースのこと。いわゆるPOPもこのPPの一部に分類されます。

ファサード:お店の顔→ そのお店の外部の通路に面した部分をさします。特に、入店客数に影響を与えるスペースでもあります。

  • Twitterfacebookgoogle+InstagramPinterest

  • 更新情報をメールで受信できます。

PAGE TOP ↑